編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

パラレルファイルシステムBeeGFSを日本市場で販売開始

コアマイクロシステムズ株式会社

2018-09-10 19:00

コアマイクロシステムズ株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:高橋晶三、以下コアマイクロシステムズ)は、2018年8月1日に、ドイツの企業ThinkParQとの間で、日本で初となるGold Value Reseller契約を締結し、パラレルファイルシステムのBeeGFSを日本で初めて9月3日より販売開始いたします。
■BeeGFSについて

BeeGFSは、性能を要求されるクリティカルな環境において、厳しい負荷に応えるために開発された、パラレルファイルシステムで、小さな環境から、1000を超えるホストサーバーからなる大規模環境まで、データへのアクセスをスムーズに処理するための、拡張性、ストレージアクセスの柔軟性、使い勝手の容易さなどを実現します。BeeGFSの導入によって、計算結果を得るまでの時間短縮や、新たな解析手法などが可能となり、生産性の向上が期待されます。

◇堅牢さおよび、使い勝手の良さ
・製品のリリースにあたっては、様々なストレステストを行っている。Fraunhofer内で、一定期間プロダクションシステムとして使い、問題のないことが分かってから一般リリースとなる。
・256ノードのシステムから1000ノードや2000ノードに移行させても門愛がないことなどを確認
特別なことをせずに、BeeGFSへの高速ファイルアクセスを要求するようなアプリケーションから使用できる
・特別なAPIなど不要
・サーバーデーモンはユーザスペースで動作
・一般的なローカルファイルシステム(ext4, xfs, zfs, …)
・特殊なカーネルパッチは不要
・Redhat, SuSE, Debianなどで動作
・シェアードナッシング構造のハードウェア上で動作
・管理用、監視用に使いやすいGUIが装備

◇柔軟性
・複数のBeeGFSサービスを同一サーバ上で動作させることができる
・ファイル毎、ディレクトリ毎など分散ポリシーを柔軟に設定できる
・稼働中にサーバーノードの追加が可能
・新たなパラレルファイルシステムインスタンスを簡単に追加できる
・古いものから新しいものまで、多くのLinuxディストリビューション上で動作
・NFS、Sambaへの再エキスポート可能

■BeeGFS製品ページ

以下のページをご覧ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

コアマイクロシステムズ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]