OpenStack海外動向 > 第23回 現代のクラウドネイティブアーキテクチャ ~マイクロサービス、コンテナ、サーバーレスについて知っておくべきこと~

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2018年10月19日

CTC教育サービスはコラム「OpenStack海外動向 > 第23回 現代のクラウドネイティブアーキテクチャ ~マイクロサービス、コンテナ、サーバーレスについて知っておくべきこと~」を公開しました。

###

こんにちはー。野田貴子です。今回は海外で公開されているOpenStack関係のコラムを意訳します。英語が苦手な方にとっては、日本語で要約版があると助かるのではないかと考え、日本語訳したものをご紹介いたします。
興味がある方はご参考ください。海外動向を理解する上での参考になれば幸いです。

さて今回の記事は、現代のソフトウェア産業であるクラウドネイティブアプリケーションの主要テーマに光を当て、実用的な情報を公開することを目指している二部構成のブログ記事の一つ目となります。この記事ではマイクロサービス、コンテナ、そしてサーバーレスアプリケーションについて言及していきます。そしてこれらの技術の実用面における長所と短所について説明します。

マイクロサービス

クラウドネイティブアプリケーションは現代のソフトウェアアプリケーションを構築するための強力なアプローチであると世間では言われていますが、マイクロサービスとは何でしょうか? マイクロサービスは、ソフトウェアアプリケーションに必要な機能を複数の小さな独立したソフトウェアサービス、あるいは「マイクロサービス」に分離するという発想のことです。それぞれのマイクロサービスは各々のタスクを専任します。マイクロサービスが連携して大規模なアプリケーションを形成するために、それらはお互いに通信し、データをやり取りします。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]