第5回シルクロード国際映画祭に世界的なアーティストが集結

シルクロード国際映画祭(Silk Road International Film Festival) 2018年10月16日

From 共同通信PRワイヤー

第5回シルクロード国際映画祭に世界的なアーティストが集結

AsiaNet 75744 (1878)

【西安(中国)2018年10月15日PR Newswire=共同通信JBN】
*象徴的な Xi'an Film Studioでの60年にわたる映画製作を記念

第5回シルクロード国際映画祭(Silk Road International Film Festival、SRIFF18)は15日、「中国の新しい映画の生誕地」であるXi'an Film Studioの60周年を祝って閉幕した。一帯一路構想の記念日とも重なった第5回SRIFFは、世界中のアーティストや映画製作者の交流と中国の象徴的な映画ハブへ新たな命を吹き込む機会の追求への参加を歓迎した。

Photo - (リンク »)

映画祭の開催中、国内外の優れた映画100作以上が西安にある30の大学、10の広場、100のコミュニティーで上映された。今年のイベントは、2018年International Youth Director Exchange Conference、World Film Debate、Filmmakers Masterclassを含む一連のインタラクティブな新フリンジイベントが加わり、過去のイベントとは異なる独自のものとなった。

紹介された映画は、ロシア、イタリア、インド、フランス、英国、ポーランドなどを含むシルクロード沿いの幅広い国々から出品された。最初の批評の後、18のファイナリストが明らかにされた。SRIFF18で受賞したのは以下の通り:

SRIFF 2018 Awards          受賞者・作品

最優秀フィーチャー映画     Dying to Survive(2018)
                           The Insult(L'insulte)(2017)
                           12th Men(Den 12. Mann)(2017)

最優秀アニメ映画           The Underdog(2018)

最優秀ドキュメンタリー     Stammering Ballad(2018)

最優秀男優                 アガサ・ドミニク、映画Najlepszy(2017)

最優秀女優                 ダシャ・プラ―ティ、映画Strimgolov(2017)

特別名誉賞                 Temporary Difficulties(2018)

シルクロード国際映画祭の詳細、今年のエントリーや受賞については (リンク ») を参照。

今年の映画祭は、非常に才能あるアーティストによる素晴らしい国際的な作品を発表しており、5年目で卓越したものとなった。西安では国内外で300以上の賞を受けた「さらば、わが愛/覇王別姫」などの最高傑作が製作された象徴的なXi'an Film Studioの60周年も祝われており、中国作品にとって今年は特に意味深い年である。

▽映画祭について
シルクロード国際映画祭(SRIFF)は毎年、西安と福州で交互に開催されている。この映画祭は国内および国際的な映画産業にとって3つの明確なプラットフォームの発展に焦点を当てている。そのプラットフォームとは、芸術的パフォーマンス、シルクロード沿いの国々で映画製作者と映画愛好家の間の交流促進を目指す協力と交換である。

ソース:Silk Road International Film Festival

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]