済州国際空港、スミス ディテクションの高性能CT検査システムを採用

スミス ディテクション(Smiths Detection) 2018年10月25日

From 共同通信PRワイヤー

済州国際空港、スミス ディテクションの高性能CT検査システムを採用

AsiaNet 75692

【済州(韓国)2018年10月25日PR Newswire】
*契約は機内持ち込み手荷物のCT検査システムHI-SCAN 6040CTiXの初導入を含む
航空、港湾・国境、都市の保安および防衛市場向けの脅威検出・スクリーニング技術の世界的リーダーであるスミス ディテクション(Smiths Detection 、 (リンク ») )は25日、同社と販売パートナーのDonggok Precision Co., Ltd.が共同で韓国空港公社(KAC)から、HI-SCAN 6040CTiX、iLane.evo、IONSCAN 600を各5式とスミス ディテクション社製Checkpoint Management SoftwareおよびCheckpoint Evo. Plusを済州国際空港に供給する約700万米ドルの契約を受注したと発表した。

済州国際空港は、昨年11月に発売開始されたスミス ディテクション社製の最新のコンピューター断層撮影(CT)による機内持ち込み手荷物検査システムであるHI-SCAN 6040CTiX( (リンク ») )を導入する世界初の空港である。

空港保安検査場はすべての旅行者にとって極めて重要だが、その検査プロセスは旅客の旅行中の貴重な時間の一部を刺激するということが分かっている(注1)。その結果、世界の空港は保安検査場においてより迅速かつ快適な体験を旅客に提供できるような取り組みを続けている。スミス ディテクションの特許技術を利用したHI-SCAN 6040CTiXは、旅客が手荷物から電子機器と液体物を取り出す必要がないため、旅行者が保安検査場で過ごす時間を大幅に削減することが期待される。

Donggok Precision Co., Ltd.のリー・クワンスン会長は「済州国際空港を通過する旅行者の数がますます増え、より厳しい保安基準を厳守する必要がある中、KACは先進的なデザイン、効率性および高いスループットを備えた最新鋭の検査場ソリューションを求めていた。韓国で長年にわたりスミス ディテクションの販売業者でありパートナーである当社は、彼らの革新的ソリューションと専門知識・技術に対して自信を持って保証することができた。空港の保安検査場のオペレーションを向上し、旅客が旅程のすべての段階において満足することを保証するよう、スミス ディテクションおよびKACの双方と協力することを楽しみにしている」と述べた。

機内持ち込み手荷物検査システムHI-SCAN 6040CTiX ( (リンク ») )は、CT技術を活用し最高レベルのセキュリティーを提供しながら、旅客スループットを向上し空港の全般的コストを削減する。iLane.evo ( (リンク ») )は効果的にトレーを搬送する自動トレー搬送システムで、保安検査場における混雑を解消しトレーの円滑な流れを実現するよう設計されている。IONSCAN 600( (リンク ») )は持ち運び容易な爆発物検知装置で、多種多様な爆発物を8秒以内に正確に検知し特定することが可能である。これら3つのシステムは、一体となってオペレーションと検査プロセスをさらに合理化し保安検査場での旅客の待ち時間を短縮する。

スミス ディテクションのアジア地域マネジングディレクター、ジョン・タン氏は「韓国空港公社がスミス ディテクションをパートナーにしたことは非常に光栄だ。この契約獲得は、航空保安分野における当社の製品と専門技術・知識を最も良く証明するものである。アジアでも旅行・観光業において大幅な成長が見られ、この地域の空港は、乗客の安全で快適な体験を創出するためにますますテクノロジーを頼りとしつつある。今回の済州国際空港への製品導入は、アジア太平洋地域において活動範囲の拡大を進める当社にとって重要なマイルストーンである」と述べた。

HI-SCAN 6040CTiX、iLane.evo、IONSCAN 600およびSmiths Detection Checkpoint Management Software、Checkpoint.Evo.Plusは今年末までに済州国際空港に導入される。
Smiths Detection は180カ国以上に7万5000を超すX線システムと世界各地に2万4500以上の爆発物検知(ETD)装置を設置している。(注2)

Smiths Detectionのソリューションとサービスに関するより詳細な情報はwww.smithsdetection.com を参照。

(注1)SITAおよびAir Transport WorldのPassenger IT Trends Survey 2015による
(注2)SITAおよびAir Transport WorldのPassenger IT Trends Survey 2015による

▽スミス ディテクションについて
スミス・グループ傘下のスミス ディテクションは、航空、港湾・国境、都市の保安および軍事市場向けの脅威物検出・スクリーニングの技術の世界的リーダーである。40年以上にわたる実地試験の経験を有する当社は、爆発物、禁止銃火器、密輸品、有毒化学物質、麻薬の脅威および違法な搬送行為から社会を守るために必要なソリューションを提供している。
当社の目標はシンプルで、すなわち、世界が依存する移動時のセキュリティー、安心及び安全を提供することである。詳細はwww.smithsdetection.com を参照。

ソース:Smiths Detection

Logo - (リンク »)

(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]