Ruby on Rails 海外事情コラム > 第37回 Railsアプリ開発者に人気のMacOS、Mojaveにアップデートしても大丈夫?

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2018年11月12日

CTC教育サービスはコラム「Ruby on Rails 海外事情コラム > 第37回 Railsアプリ開発者に人気のMacOS、Mojaveにアップデートしても大丈夫?」を公開しました。

###

こんにちはー。野田貴子です。

Ruby on Railsはクロスプラットフォームですが、みなさんは何のOSで開発やデプロイを行なっているでしょうか。会社から支給されたWindowsかもしれませんし、プライベートでセットアップしたUbuntuかもしれませんね。

大多数の技術者が利用している質問サイト、StackOverflowの2018年のアンケートによると、Windowsが一番使われているようです。

「開発者調査結果2018」より抜粋:
(リンク »)
|
| Windows: 49.9%
| MacOS: 26.7%
| Linux-based: 23.2%
| BSD/Unix: 0.2%

ただ、Windowsがバージョン別に集計されている2016年のアンケート結果を見ると、1位はMacOSとなっています。これからサポートが終わるWindowsバージョンを使っている人たちがどのOSに乗り換えるのか次第で、今後の順位が変わっていきそうですね。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)の関連情報

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]