OpenStack海外動向 > 第24回 Zuulのケーススタディ:OpenStack Foundation編

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2018年12月07日

CTC教育サービスはコラム「OpenStack海外動向 > 第24回 Zuulのケーススタディ:OpenStack Foundation編」を公開しました。

###

こんにちはー。野田貴子です。今回は海外で公開されているOpenStack関係のコラムを意訳します。英語が苦手な方にとっては、日本語で要約版があると助かるのではないかと考え、日本語訳したものをご紹介いたします。
興味がある方はご参考ください。海外動向を理解する上での参考になれば幸いです。

さて今回はZuulの話です。OSF(OpenStack Foundation)は約6年間Zuulを使用してきました。スーパーユーザーはClark Boylan氏とDoug Hellman氏に、Zuulの利用経緯を伺いました。

###

Zuulはプロジェクトゲーティングと相関プロジェクトにフォーカスし、継続的な統合、配布、デプロイができるシステムを推進しています。スーパーユーザは一連のインタビューで、ユーザーがZuulを選んだ理由とその使い方を尋ねていきます。

OpenStack FoundationはZuulを約6年間使用してきました。スーパーユーザーは今回、OSFのインフラストラクチャエンジニアであるClark Boylan氏と、開発者、編集者、著者、ベテランのOSFコミュニティメンバーであるDoug Hellman氏に、Zuulの使用経緯について話を聞きました。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]