ジャパンネット銀行、データレスPCソリューション「Flex Work Place Passage」を導入

横河レンタ・リース株式会社 2019年01月09日

From 共同通信PRワイヤー

2019年1月9日

横河レンタ・リース株式会社

株式会社ジャパンネット銀行
データレスPCソリューション「Flex Work Place Passage」を導入
~ デスクトップPCからノートPCへリプレース、情報漏えいリスク低減を実現 ~

横河レンタ・リース株式会社(以下、横河レンタ・リース、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:金川 裕一)は、株式会社ジャパンネット銀行(以下、ジャパンネット銀行、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田鎖 智人)がワークスタイル改革に際してセキュリティー強化を目的に横河レンタ・リースのデータレスPC(TM)ソリューション「Flex Work Place Passage」(以下、Passage)を導入したことを発表します。


【画像: (リンク ») 】

採用の背景
1.ワークスタイル改革へ取り組むため、ノートPC+無線LANへ移行
ジャパンネット銀行では2014年ごろから業務改革に取り組んでおり、PC環境の刷新やオフィス環境の整備などを継続的に進めています。その一環として、従来のPC環境はセキュリティーワイヤーで固定されたデスクトップPCを使用していましたが、ノートPC+無線LANへ移行することとしました。そこで課題に上がったのが、PCのディスク内にある情報のセキュリティーでした。

2.銀行ゆえのセキュリティーの高さが会議運営の効率を下げていた
社内全ての情報を社外への持ち出しを禁じているジャパンネット銀行では、オフィスの別のフロアへ移動する際の廊下やエレベーターホール、階段も社外ととらえています。そのため、別フロアで会議を行う際は、会議室に設置してあるPCでファイルサーバー上のデータを引き出して表示したり、そのフロアで資料の印刷を行ったりしていました。ところが、PCの立ち上げやサーバーからファイルを見つけ出すのに時間がかかることもあったため、銀行ゆえのセキュリティーの高さが会議運営の効率を下げていました。

3.仮想デスクトップ環境(VDI)と比較検討後、「Flex Work Place Passage」を導入
情報漏えい対策のため、仮想デスクトップ環境(VDI)やPCへの書き込みを全て制限するソリューションなどを検討しましたが、高額なコストがかかったり、運用負荷が大きすぎるものがあったりとニーズを満たすものがありませんでした。そこでノートPCの導入を担当していた会社からPassageを紹介され、セキュリティー・運用・コストの全てにおいてニーズを満たすPassageを導入いただきました。


お客さまからの声
今回、「Flex Work Place Passage」を導入いただきましたジャパンネット銀行さまより、以下の評価をいただきました。

Passageはデータをローカルディスクに保存することがなく、システムファイルに関しても通常のPCと同様の扱いができるため、運用にも手間がかかりません。まさに、当社にとってセキュリティー・運用・コストの全てにバランスがいいソリューションと言っても過言ではないでしょう。


ジャパンネット銀行さま「Flex Work Place Passage」導入事例について
詳細は下記URLより参照ください。

(リンク »)


(※1)データレスPCソリューション「Flex Work Place Passage」について
Flex Work Place Passage は、Active Directory 環境のクライアントPC に専用アプリケ-ションを導入することで、社内外の場所を問わずにいつでも同じ環境でPCを安全に利用できる仮想デスクトップ環境を提供するソリューションです。ユーザーがクラウド上にデータがあることを意識することなくPCで扱うことができるため、PCにデータを保存しない本質的なデータレスセキュリティーを実現します。初期費用不要、月額課金型の料金体系で、同様の料金体系を持つレンタルPCと組み合わせて、企業PCの運用管理コスト低減と生産性向上を実現します。Flex Work Place Passageの詳細は下記URL を参照ください。

(リンク »)

【会社概要】
●商号: 横河レンタ・リース株式会社   URL: (リンク »)
・本社:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト
・事業内容:
[レンタル事業]
『所有から利用へ』をコンセプトにIT機器から計測器、マイクロプロセッサ開発支援装置まで、最新鋭機器をレンタルで提供し、研究・開発から生産・保守メンテナンスまでお客さまの事業活動を幅広くサポートします。また計画・調達・導入・運用・廃棄処分もしくはリプレースまでのライフサイクル全般を支える総合的なソリューションの充実を進めています。
[システム事業]
日本ヒューレット・パッカード社のプラチナパートナーとして、お客さまのITインフラの運用コスト削減、堅牢性と柔軟性の向上を目指した提案をします。IT機器の販売からシステム基盤設計・構築・保守まで、お客さまの業務に最大限有効にご活用いただけるための広範なソリューションを取りそろえています。
・設立: 1987年1月  ・資本金: 5億2,800万円  
・主要株主: 横河電機株式会社、芙蓉総合リース株式会社


*記載の会社名、製品・役務の名称は、各社の商号、商標または登録商標です。
以上



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]