NSWがキヤノン、日本ヒューレット・パッカードと協業開始 ~イメージング技術とIoTでスマート工場の実現を促進~

日本システムウエア株式会社 2019年01月10日

From DreamNews

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、キヤノン株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役会長CEO:御手洗 冨士夫、以下 キヤノン)並びに日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長執行役員:吉田 仁志、以下 日本ヒューレット・パッカード)とスマート工場の分野で協業を1月16日より開始します。

NSWでは、あらゆるデータを収集・蓄積、見える化するIoTプラットフォーム「Toami(トアミ)」を中心に、IoT/AI事業の拡大に注力し、製造業をはじめ様々なお客様のビジネス価値向上に貢献してきました。

今回の3社での協業開始に伴い、IoTトータルソリューションプロバイダとして国内で豊富な実績があるNSWのIoTプラットフォーム、並びに日本ヒューレット・パッカードが提供する堅牢性・安全性に優れたファクトリーIoT用ハードウエアとして最適化された製品群を、キヤノンが長年培ってきたイメージング技術を用いた製品と連携させます。これにより、効率的かつ安定的な製造データの収集・蓄積に加え、画像を用いた目視確認作業の代替促進や問題発生時の原因究明などが可能となり、生産現場の生産性向上を支援するソリューションの提供が実現します。

具体的には、ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)製のエッジサーバーやゲートウェイ製品からなる「HPE Edgeline」に、「CANON INDUSTRIAL IMAGING PLATFORM」製品である画像処理ソフトウエア「Vision Edition」やマイルストーンシステムズ社※のビデオ管理ソフトウエア「XProtect(R)」をあらかじめインストールした上で、NSWのIoTプラットフォーム「Toami」と連携させ、画像処理による目視作業の自動化や、リアルタイムでの稼働状況の監視を支援するソリューションの販売を2019年4月より国内で開始します。これにより、「Toami」で得たセンサー情報やログデータに、「Vision Edition」で得られる画像処理結果や「XProtect(R)」に蓄積された録画映像を組み合わせることが可能になります。生産現場の稼働状況の精緻かつ効率的な把握や画像による高度な分析を可能にし、生産現場における作業の自動化や生産性向上の支援を実現します。

NSWは今後も、キヤノンと日本ヒューレット・パッカードとの協業を通じて、スマート工場の実現に向けて取り組み、生産現場への新たな価値を提案していきます。

※キヤノングループ会社。本社:デンマーク コペンハーゲン市。

<ご参考>
2019年1月16日(水)~18日(金)に、東京ビッグサイトで開催される「スマート工場EXPO」のNSWブース(ブース番号:W19-36)にて、本協業の取り組み内容を展示します。
「スマート工場EXPO」公式Webサイト: (リンク »)

以上

■NSWの「Toami」(Powered by ThingWorx)について
IoTサービスを開発・構築するための専用プラットフォームです。収集したデータの見える化や機器制御をはじめ、データ分析などが行えます。デバイス管理やデータ管理、外部連携機能などを網羅したノンプログラミング開発基盤により、開発効率の大幅な向上とコスト削減を実現しています。

*IoTプラットフォーム「Toami(トアミ)」
(リンク »)

※ThingWorx (PTC IoTビジネス) について
PTC のIoT(モノのインターネット)事業であるThingWorx は、「モノがインターネットに接続されたコネクティッドな環境」において、アプリケーションの開発と実行を効率的に行うプラットフォームテクノロジーを提供しています。PTCのIoTテクノロジーポートフォリオの中心となるThingWorxは、接続性、デバイスクラウド、ビジネスロジック、ビッグデータ、データ解析、遠隔サービス等のアプリケーションを含む、世界初の完全なインダストリアル・イノベーション・プラットフォームを実現しています。この組み合わせは、企業が安全にアセットを接続し、すばやくアプリケーションを開発し、価値を生み出す新たなアプローチを切り開くことを可能にする、包括的なIoTテクノロジースタックを提供します。このテクノロジーを活用し、製造業、エネルギー、農業、輸送、政府関係機関等の幅広い市場における企業や機関が、すでにIoTの可能性を活かす取り組みを推進しています。Webサイト: www.thingworx.com、www.ptc.com/ja Twitter: @ThingWorx、@PTC_Japan Facebook: (リンク »)

■キヤノンの「CANON INDUSTRIAL IMAGING PLATFORM」について
「CANON INDUSTRIAL IMAGING PLATFORM」は、キヤノンが提供する、生産現場向けイメージ一括管理システムです。キヤノンが持つ幅広いイメージング製品群、画像処理技術を活用し、生産現場の「見える化」を実現します。

*CANON INDUSTRIAL IMAGING PLATFORM
(リンク »)

■「HPE Edgeline」について
「HPE Edgeline」は、HPEが提供するIoT向けソリューションです。従来のデータセンターやクラウドの外部で、より「モノ」に近い場所、いわゆる"エッジ“での、データの収集・集約を安全かつリアルタイムに行い、「モノ」の制御を可能にするゲートウェイ製品である「HPE Edgeline EL10 Intelligent Gateway」と「HPE Edgeline EL20 Intelligent Gateway 」に加え、データのキャプチャ、コンピュート、システム管理を統合することで負荷のかかる分析をエッジで実現し、リアルタイムな意思決定を可能にする、IoT向けのコンバージドシステム「HPE Edgeline EL1000 Converged IoT System」と「HPE Edgeline EL4000 Converged IoT System」を提供しています。

*HPE Edgeline
(リンク »)


※本ニュースリリースに掲載している情報は、発表日時点のものです。

■NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年に創業。各業種対応のシステム開発、大規模システム運営、データセンターでのアウトソーシングなどをワンストップで提供します。また、オートモーティブや通信分野などの組込みシステム開発を行うほか、LSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かし、IoTプラットフォーム「Toami」を中心とした、IoT/M2M分野の各ソリューションやサービス提供に注力し、IoTインテグレータNo.1を目指します。詳細は (リンク ») をご覧ください。

■サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
サービスソリューション事業本部
営業統括部 第二営業部:大野
TEL:03-3770-0096
E-mail:ml-iot@gw.nsw.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室広報担当:染葉(ソメハ)、金子
TEL:03-3770-4014
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp





関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]