編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Remo Tech が世界初のオートディレクターAIカメラ、OBSBOT Tailを発表

OBSBOT

From: 共同通信PRワイヤー

2019-01-11 15:24

Remo Tech が世界初のオートディレクターAIカメラ、OBSBOT Tailを発表

AsiaNet 77035(0061)

【ラスベガス2019年1月11日PR Newswire=共同通信JBN】
*出演者、監督、カメラマン役を同時に果たせるOBSBOT Tail

人工知能(AI)カメラのクリエーターであるRemo Technology( (リンク ») )はCES で8日、世界初のAI搭載オートディレクターカメラ、OBSBOT Tailを発表した。

Photo - (リンク »)
(写真説明:Remo Techのフラッグシップ製品―世界初のオートディレクターAIカメラ、OBSBOT Tail)

カメラマンに頼ったりデバイスを頻繁に調整したりすることもなく、生活の中の生き生きとした瞬間をとらえるよう設計されたOBSBOT Tailは、わずか7.3インチ×3.3インチのコンパクトサイズで、3軸ジンバルと光学ズームレンズを装備している。ダンス、スケートボード、ライブストリーミング、子供の日常記録など、ショットを切り抜くことなしに、完全な構図を捉える。

HiSilicon Hi3559Aプロセッサ駆動の高度AIを搭載するOBSBOT Tailは、最大HDR10品質のビデオを表示しながら、4Kビデオ、12MP写真を撮影するだけではない。一連の複雑なAI撮影モードも備え、ユーザーがショットの構図を完全にコントロールし、ビデオ撮影の重労働をOBSBOT Tailに任せることが可能である。

Remo Technologyのボー・リウ創業者兼最高経営責任者(CEO)は「OBSBOT Tailはボタンをタップするだけで、高度な撮影技術と複雑な動きの撮影を誰もが利用できるようにした画期的カメラである。われわれは数多くのダンスグループ、ストリートスポーツ・チーム、(ビデオ)ブロガーと協力して、瞬間を忠実に捉えるカメラを設計した。OBSBOT Tailによって、他人から助けを得る面倒もなく、カメラをセットアップしたり調整したりする複雑なプロセスに耐えることもなく、人々はビデオで創造性を表現する自由を享受できる」と語った。

▽Remo Technologyについて
中国の深センに本社、杭州に研究センターを構えて2016年に創設されたRemo Technologyは、AIを含む新しいアイデアや技術によって、カメラ業界の限界拡大に専心するカメラ企業である。Remo Techの主要ブランド「OBSBOT」は2019年1月、世界初のオートディレクターAIカメラ「OBSBOT Tail」を世に送り出した。

Remo Technologyに関する詳細は (リンク ») を参照。

ソース:OBSBOT

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]