編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

RubyビギナーのためのStep upコラム > 第9回 ScratchでRubyのプログラムが作れる?スモウルビーについて

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2019-01-25 09:00

CTC教育サービスはコラム「RubyビギナーのためのStep upコラム > 第9回 ScratchでRubyのプログラムが作れる?スモウルビーについて」を公開しました。
###

みなさん、こんにちは。
前回まで、Rubyの「モジュール」についての話題が続きましたが、今回は少しやわらかめのテーマとして「スモウルビー」についてご紹介します。
2020年から、小学校でも本格的なプログラミング教育が始まることは皆さんもご存知でしょう。その流れを受け、巷では、書店に行けばこども向けプログラミング書籍があふれ、またこども向けのプログラミングスクールも珍しくなくなってきました。
そんな中、こども向けのプログラミングツールとして注目を集めてきたのがマサチューセッツ工科大学(MITメディアラボ)で開発されたScratch(スクラッチ)です。Scratchはアイコンやブロックを使って直感的にプログラミングができ、プログラムコードをタイプすることなく、アプリケーションを作れてしまいます。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]