編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

「ルーチン作業の終焉」

~RPA海外動向コラム 著:野田貴子 協力:吉政忠志~

日商エレクトロニクス商社ERP/IT企業ERP by GRANDIT

2019-01-28 08:00

日商エレクトロニクスは「ルーチン作業の終焉」(RPA海外動向コラム 著:野田貴子 協力:吉政忠志)を公開しました。
興味がある方はご覧ください。

###
世界中の民間組織や政府機関が徐々にペーパーレス化するにつれて、キャプチャ技術や認識技術はあらゆる場所に行き渡り、随所で耳にするようになりました。この進歩の始まりは光学式文字認識(OCR)というスキャンした画像のテキストをデジタル化する技術で、テキストデータの保管や検索、索引付け、読み出しをするために使われます。今日のデジタル変換はアナログをデジタル化することだけではなく、紙ベースで行う作業そのものを変換することも意味しています。これは、顧客と協力してまったく新しい種類のサービスを提供するという、新しいビジネスアプローチとして発展してきました。

## 当初はWordでした

物理的な文書をデジタル化すると、そのコンテンツはより多く閲覧され、重要な情報を社内外で保存や保護、あるいは共有できるようになります。紙ベースのコンテンツをデジタルに変換することのもう1つの重要な利点は、情報を検索できるようになることです。昔のフラットベッドスキャナや携帯電話のカメラ、あるいはFlexiCaptureのような最新式の技術のどれを使用してデジタル化を行うのかにかかわらず、これらの技術の最終的な目標は、組織が必要な場所とタイミングで関連コンテンツをユーザーに配信できるようになることです。IDCのデータによると、知的労働者は1日に約2.5時間、つまり勤務時間の約30%を費やして情報を検索しています。

一般にこれらの技術はドキュメントに関連する時間のかかるタスクを多数解決し、さまざまなデータソースを処理するのに役立ちます。企業幹部は、情報への適切なアクセスが意思決定を改善させるための基礎であり、時間とフラストレーションを減少させ、企業内での作業の重複を減らすことにつながると考えています。彼らはより多くの顧客を引き付け、収益を上げ、コストを削減するためにこれらの技術の助けを借りて、競合他社に対するアドバンテージを得ることができます。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]