ロゼッタと第一三共、AI翻訳の共同開発を開始 ~ 製薬業界におけるグローバル事業展開を促進 ~

ロゼッタ 2019年01月29日

From PR TIMES

 株式会社ロゼッタ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:五石順一、東証マザーズ:6182、以下、ロゼッタ)は、第一三共株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:眞鍋淳、東証第1部:4568、以下、第一三共)との間で、国内製薬会社では初となる、自社業務に最適化されたAI翻訳の共同開発を開始することについて合意をいたしました。

■開発背景
 ロゼッタが開発したAI翻訳『T-4OO』は、製薬会社80社以上で導入いただいております。このたび、第一三共での導入にあたって、同社の外国語に関わる業務をより効率化できるAI翻訳を提供するため、本共同開発を合意するに至りました。
本取り組みによって、第一三共のグローバル事業展開およびAIを活用した同社の働き方改革の推進に寄与してまいります。

■『T-4OO (Translation for Onsha Only) 』について
 『T-4OO』は、最大95%の正確さで翻訳する超高精度のAI自動翻訳です。(*)
2,000 分野に細分化された専門分野データベースと、お客様が保有している文書で構築されたデータベースを組み合わせることで、お客様向けにカスタマイズされた高精度の自動翻訳を提供します。
さらに、機密情報を含む企業内文書の翻訳に際して、セキュアな環境を構築し、情報漏洩等のセキュリティリスクにも対応しております。
* 精度95%以上の言語・分野は、英日翻訳で「医学」「化学」「法務」「IT・通信」「金融・財務・経理」になります。また、精度95%とは、「プロの専門分野翻訳者以下非専門の翻訳者以上」として当社が認識する水準です。

■ロゼッタについて
 ロゼッタは、「我が国を言語的ハンディキャップの呪縛から解放する」という企業ミッションの下、AI自動翻訳の開発・運営を行っている会社です。
ロゼッタの自動翻訳は2,000社以上の企業で導入されており、製薬業界をはじめ、外資系ライフサイエンス、バイオベンチャー、医療機器、検査機器商社、国立研究所、大学研究室、各種病院・クリニック、化学、石油、食品、飲料、法律事務所、特許事務所、金融、IT、半導体、産業機械、電気機器など、様々な分野でご活用いただいております。

■『T-4OO』 製品ページ
  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]