RubyビギナーのためのStep upコラム > 第12回 クラスインスタンス変数と特異クラス・特異メソッド(3)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2019年03月15日

CTC教育サービスはコラム「RubyビギナーのためのStep upコラム > 第12回 クラスインスタンス変数と特異クラス・特異メソッド(3)」を公開しました。

###

みなさん、こんにちは。
前回、前々回に引き続きのコラムですが、今回は特異クラスについて紹介します。
前回、「特異メソッド」について取り上げました。
特異メソッドによってクラスインスタンスを含む特定のインスタンスに対してメソッドを追加できるということがわかりましたが、オブジェクト指向の考え方では、メソッドはクラスに属するものであり、特異メソッドといえども、どこかのクラスには属していないといけないような気がしてしまいますよね。
そのような、特異メソッドを含むようなクラスとして生成されるのが、特異クラスです。
ただ、特異クラスは用途がかなり限定的(特異メソッドを利用するときのみ必要になる)なため、あまり直接的に表に出てくることはありません。
さて、ここに至って、こんなことを思われた方はいらっしゃらないでしょうか。特異クラスそれ自体を定義することは可能なのだろうか?と。
実は、可能です。といいますか、特異メソッドを定義する際の記法としてよく用いられている

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]