肥後銀行による「Asteria Vision Fund I, L.P. 」への出資について。4月上旬に米国に新設するファンドに200万米ドルを出資。

世界的な視野で4D(Data/Device/Decentralized/Design)への積極的な投資を展開!

アステリア株式会社 2019年03月26日

アステリア株式会社(旧:インフォテリア株式会社、本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下 アステリア)は、アステリアが4月上旬に米国テキサス州に新設する投資専門子会社により組成予定の投資事業有限責任組合「Asteria Vision Fund I, L.P.」(以下 AVF)に肥後銀行(本店:熊本県熊本市、代表取締役頭取:笠原慶久、以下 肥後銀行)が出資することをお知らせします。

■AVFの目的と肥後銀行の出資概要

重点投資領域「4D」
(リンク »)

 アステリアは「中期経営計画2020」において、世界的な視野においてアステリアが重視する投資領域である「4D」(Data, Device, Decentralized, Design)に合致する企業への効率的な投資を行い、当社グループの成長戦略を加速するために米国テキサス州に投資専門子会社を設立することを2019年2月に決定しています。

 投資の原資となる投資事業有限責任組合を4月に組成すべく活動を進めるなかで、重点投資領域「4D」の考え方に関し、方向性が合致したことから肥後銀行による「AVF」への出資がこの度決定しました。

 肥後銀行による当ファンドへの出資額は200万米ドルを予定しています。

■AVFの概要

【投資事業組合】
Asteria Vision Fund I, L.P.

【パートナー】
General Partner: Asteria Vision Fund Inc.(アステリア100%子会社)
Limited Partner: 株式会社肥後銀行

【組成時期】
2019年4月(予定)

【投資方針】
「4D」戦略に沿った対外投資を行う

【ファンド総額】
2,200万米ドル

■業績に与える影響および今後の見通し
 AVF組成および出資が、アステリアの2019年3月期ならびに2020年3月期の業績に与える影響は軽微です。AVFは2019年4月以降より投資活動を開始し、中長期的な連結業績に貢献することを企図しておりますが、具体的な影響額については必要に応じて開示を行います。

用語解説

【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】
アステリア株式会社 広報・IR室:長沼史宏
TEL:03-5718-1297 FAX:03-5718-1261
E-mail:press@asteria.com

※アステリア、ASTERIAはアステリア株式会社の登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]