「Winidows Server2008とSQL Server2008のEOS対策の特効薬はMicrosoft Azure+クラウドERPへの移行」

日商エレクトロニクス商社ERP/IT企業ERP by GRANDIT 2019年04月05日

日商エレクトロニクスは吉政忠志氏のコラム「Winidows Server2008とSQL Server2008のEOS対策の特効薬はMicrosoft Azure+クラウドERPへの移行」を公開しました。

興味がある方はご覧ください。

###
SQL Server 2008/2008 R2やWindows Server 2008/2008 R2のサポート終了時期が1年を切っているというのに、20万台近いサーバが予算や人員不足の理由で、移行しなければいけない状況なのに、移行する目途がついていないそうです。

脆弱性をついた攻撃は、大規模のお客様や小さなお客さま等、企業規模に依存せず、無作為に一斉に行うのが通常です。脆弱性があるのに、放置されているサーバは確実にターゲットになります。そして、状況によっては、サーバがロックされてしまい、身代金を要求されることも十分あり得ます。個人のスマホがランサムウェアに感染して、身代金を要求されても、そのスマホを捨てればいいですが、企業のサーバは捨てるわけにはいかないですよね。そして、怖いのが身代金を払っても復旧する保証はありません。私がハッカーだったら、2重3重にもしかけて、1回目で身代金を要求し、振り込まれたら、その数日後に別のウイルスが起動するようにして、何度も何度も身代金を要求するようにします。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]