グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第56回 ハイパーパラメーターチューニングの新手法(パート4)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2019年04月05日

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第56回 ハイパーパラメーターチューニングの新手法(パート4)」を公開しました。

###
 前回に引き続き、2018年に公開された論文「Population Based Training as a Service」、および、それに関連する2017年の論文「Population Based Training of Neural Networks」を紹介します。今回は、PBTの適用例に加えて、PBTのクラウドサービス化について説明します。

◆GANへのPBTの適用例
 前回は、2つ目の論文「Population Based Training of Neural Networks」から、強化学習に対するPBTの適用例を紹介しました。今回は、同じ論文から、GAN(画像生成)に対する適用例を紹介します。GAN(Generative Adversarial Networks)は、画像生成に用いられるディープラーニングの手法で、画像を生成するGeneratorモデルと、トレーニング用画像とその他の画像を識別するDiscriminatorモデルを同時に学習するという特徴があります。Generatorは、「Discriminatorがトレーニング用画像と(誤って)判定する画像を生成する」ことをゴールとして、Discriminatorは、「Generatorが生成した画像をその他の画像であると正しく判定する」ことをゴールにします。これにより、Generatorは、トレーニング用画像に非常に近い画像が生成できるようになります。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]