編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ファイルの不正利用防止ソフト「トランセーファー BASIC Ver.3.1/PRO Ver.1.3」を4月22日に販売開始

~PDFの簡易表示機能を追加~

株式会社ティエスエスリンク

2019-04-22 09:30

ソフトウェア製品の開発と販売、およびシステムエンジニアリングを行う株式会社ティエスエスリンク(代表取締役社長:村口和孝、本社:徳島県徳島市、以下 ティエスエスリンク)は、ファイルの不正利用防止ソフト「トランセーファー BASIC Ver.3.1」「トランセーファー PRO Ver.1.3」を2019年4月22日に販売開始します。
最新版では、PDFの簡易表示機能を追加しています。PDF表示に必要なソフトをインストールしていない場合などにも、一時的にPDFを簡易表示できるようになりました。

【トランセーファー BASIC 製品情報】
(リンク »)
【トランセーファー PRO 製品情報】
(リンク »)

「トランセーファー」シリーズは、PDFやMicrosoft Word / Excelファイルなどを社内外へ配布または社内共有する際に、コピー/印刷などを禁止して、不正な二次利用を防止する情報漏洩対策ソフトです。ファイルに対し、閲覧/閲覧印刷/復号の3つの権限が設定でき、ユーザー/グループごとに権限を制御できます。プリントスクリーンキーや画面キャプチャーソフトなどでのスクリーンショットも防止でき、情報流出につながる操作を一切禁止します。
さらに、利用端末の限定機能や、ファイルの有効期限/自動削除設定など、目的に応じて堅牢性を高める機能も装備しています。

「トランセーファー BASIC」は、クライアントPCにアプリケーションをインストールするだけで利用できる、管理サーバー不要の製品です。システム管理者による運用ができない場合や、オフライン環境で利用したい場合に適しています。誰でも簡単で使いやすい操作性で、大規模利用でも定着しやすいソフトです。多言語対応していますので、海外拠点/工場でのセキュリティ対策としてのニーズも多い製品です。

「トランセーファー PRO」は、管理サーバーを使用し、ユーザー/グループ管理や利用ログ管理など、厳密にファイルを利用制御したい場合に適しています。ファイルの利用ユーザーや利用権限など設定を一つにまとめた「暗号化セット」を、社内文書の運用ルールに沿って作成します。この「暗号化セット」を利用者が使用するだけで、社内文書の利用を統制できる仕組みです。また、管理サーバーでファイル/ユーザー/権限などすべての情報を一元管理しているため、万が一のファイル流出時には管理者側での即時利用停止/ログ追跡などが可能です。

ご興味のある方は、無償の評価版で今すぐお試しいただけます。
【トランセーファー PRO評価版】   (リンク »)
【トランセーファー BASIC評価版】  (リンク »)

「トランセーファー BASIC/PRO」を、5/8~10に東京ビッグサイトで開催される「情報セキュリティEXPO」(リード エグジビション ジャパン社)に出展します。実際に製品デモや操作性を体感いただけます。
【情報セキュリティEXPOに出展】  (リンク »)


【トランセーファー BASIC 概要】
(リンク »)
・製品名:「トランセーファー BASIC」
・製品構成:暗号化ツール/閲覧ツール  ※インストールには管理者権限が必要です。
・動作環境:Windows 10 / 8.1 / 7
・保護対象ファイル:PDF/Microsoft Officeファイル/画像/動画/テキスト/CSV/RTF/DocuWorksファイル
・暗号化アルゴリズム:AES256bit
・希望小売価格(税抜):
・基本パック(5ライセンス含):30万円 ※5ユーザーまでご利用可。最小ライセンスです。
・追加5ライセンスパック:10万円~
※暗号化ツールを利用するユーザーのみ、ライセンス購入が必要です。閲覧ツールを利用するユーザーは、ライセンス購入不要でお使いいただけます。
※追加ライセンスは、購入数によりディスカウントの価格帯を用意しています。
※別途、保守費が必要です。

◎【トランセーファー BASIC 暗号化SDK】(システム組み込み用)も用意
(リンク »)
業務システムから出力する帳票や、文書管理システムから持ち出す文書に対する情報漏洩対策に最適な製品です。システムにトランセーファーBASIC暗号化機能のコマンドライン呼び出しを組み合わせ、システムからダウンロードするファイルを自動暗号化できます。

【トランセーファー PRO 概要】
(リンク »)
・製品名:「トランセーファー PRO」
・製品構成:管理ツール/暗号化ツール/閲覧ツール  ※インストールには管理者権限が必要です。
・動作環境:サーバーOS:Windows Server / CentOS、クライアントOS:Windows 10 / 8.1 / 7
・保護対象ファイル:PDF/Microsoft Officeファイル/画像/動画/テキスト/CSV/RTF/DocuWorksファイル
・暗号化アルゴリズム:AES256bit
・希望小売価格(税抜):
・基本パッケージ:50万円 ※別途、利用ユーザーに応じたライセンスが必要です。
・1ライセンス:8,000円~ ※1ユーザー当たりのライセンスです。
※ライセンスは、購入数によりディスカウントの価格帯を用意しています。
※別途、保守費が必要です。

※トランセーファーは、TSS LINKの登録商標です。
※その他、本文に記載されたすべてのブランド名とその商品名は、それぞれ帰属者の登録商標または商標です。

【TSS LINK について】
株式会社ティエスエスリンクは、デジタル情報を安全に活用するためのソフトウェアやサービスの開発および提供により、誰もが意識せず安心してコミュニケーションできる社会の実現に取り組んでいます。
・社名: 株式会社ティエスエスリンク (TSS LINK, Inc.)
・代表者: 代表取締役社長 村口 和孝
・所在地: [本社]〒770-8053 徳島県徳島市沖浜東3-46 Jビル東館4F
・設立: 1999年11月1日
・資本金: 2,500万円
・URL: (リンク »)

【製品・発表に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社ティエスエスリンク
・TEL: 088-602-0170
・FAX: 088-602-0172
・E-mail: info@tsslk.jp
・ニュースリリースページ: (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ティエスエスリンクの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]