関西福祉大学は、「赤穂市と関西福祉大学とのスポーツ振興に関するパートナーシップ協定」を締結しました

関西福祉大学 2019年04月12日

From Digital PR Platform




2019年4月10日、関西福祉大学(兵庫県赤穂市、学長:加藤明)と赤穂市はスポーツを通じた連携・協力により、それぞれが有する資源を適切に活用することによって、相互の発展と赤穂市におけるスポーツ振興に資することを目的として、「赤穂市と関西福祉大学とのスポーツ振興に関するパートナーシップ協定」を締結いたしました。




目的達成のために、以下7項目について今後展開していくこととしました。
1、大学の指定強化クラブ指導者及び部員による市内の保育所・幼稚園・小学校・中学校の幼児・園児・児童・生徒に対する競技指導、合同練習等の実施に関すること
2、市の体育協会及び所属団体とのスポーツ交流等に関すること
3、市のスポーツクラブ21との交流など地域活性化に関すること
4、市及び大学のスポーツ施設・設備の相互利用に関すること
5、市及び大学が主催するスポーツイベントの啓発及び運営支援、参加協力に関すること
6、大学の指定強化クラブ公式戦用ユニホームへの市章・市名掲載による市のPRに関すること
7、その他市と大学が協議して必要と認める事項

この連携の一環として、(申請により)市名掲載の認められているサッカー部とバレーボール部のユニフォームへ市章・市名を掲載しました。
男子サッカー部、男子バレーボール部、女子バレーボール部は市章・市名の入ったユニフォームで今季から公式戦に挑みます。

調印式の場で、牟礼市長は、「市内の小中学校などと交流し、スポーツ先進都市としての実現に向けて期待したい。さらに、サッカー部、男女バレーボール部のユニフォームに市章と市名を入れることで、関西福祉大学が赤穂市にある大学であること、またそれぞれの部が活躍することで、「忠臣蔵のまち」としてだけでなく、「大学があるまち」「スポーツが盛んなまち」ということが広まることを期待している」と述べられました。加藤明学長は、「これまでも様々な交流を図ってきたが、今まで以上に地域貢献、スポーツの活性化を図り、赤穂市と大学の発展に期したい。学生自身も赤穂市を背負って活躍することで、郷土に対する誇りが生まれるだろう」と述べられました。


▼本件に関する問い合わせ先
入試広報課
住所:兵庫県赤穂市新田380-3
TEL:0791-46-2532
FAX:0791-46-2526
メール:kusw-info@kusw.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]