2019年4月のウイルスレビュー

株式会社Doctor Web Pacific 2019年05月17日

Dr.Web の統計によると、4月には3月と比較してユニークな脅威の数に39.44%の減少が見られました。検出されたすべての脅威の合計数は14.96%減少しています。メールトラフィック内で検出されるマルウェアは、依然としてMicrosoft Officeプログラムの脆弱性を悪用したものが主流となっています。3月に見られた悪意のあるプログラムや不要なプログラムに関する傾向は4月も続き、検出された脅威の大半を悪意のあるブラウザ拡張機能、不要なプログラム、アドウェアが占めています。

###

非推奨サイトの数は28.04%増加しています。そのようなサイトの1つは動画や音声の編集ソフトウェアと一緒にバンキング型トロイの木馬とスティーラーを拡散させていました。Doctor Webでは4月の初めにこの脅威について記事を掲載しています。また、Doctor Webでは大手国際企業の公式アドレスから送信されるフィッシングニュースレターについても注意を喚起しています。
4月の主な傾向
マルウェア拡散活動の減少
Dr.Webの非推奨サイトのデータベースに追加されたドメイン名の数が増加

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]