クラウド時代のサーバー運用入門 > 第18回 エンジニアの価値は希少性?再現性? - その2 : 再現性を高めよう

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2019年05月27日

CTC教育サービスはコラム「クラウド時代のサーバー運用入門 > 第18回 エンジニアの価値は希少性?再現性? - その2 : 再現性を高めよう」を公開しました。

###

前回は市場価値という観点で希少性の高いエンジニアを目指すには、というテーマを取り上げました。繰り返しになりますが、"希少性"はあくまで結果論であって、まずエンジニアとして"再現性"を担保してこその希少性である、という前提です。
エンジニアにとって"再現性"とは何か
エンジニアに限らず、何かしらの仕事の成果を求められるビジネスパーソンは、安定して高いパフォーマンスを発揮すること、つまり再現性を求められます。一方で、芸術家のように一点物のアウトプットを求められる方は、没個性な製品を量産するよりも、その人の個性が発揮される希少性の高い作品を求められます。勿論芸術家も適当に行き当たりばったりな希少性でやっていける、ということではありません。
例えばご自身のスキルを指して「○○ができる」ということは、同じ条件で何度同じことを求められても毎回一定以上のクォリティを担保できるということだと私は考えます。これが再現性です。偶然に、例えば闇雲にコードや設定を継ぎ足して「(たぶん)できました」は再現性があるとは言えません。
つまり、エンジニアにとって再現性が高いということは、いつでも安定したパフォーマンスを発揮できること、偶然に頼らないアウトプットができることを指しています。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]