NDIAS、イエラエセキュリティ社と自動車のサイバーセキュリティ分野における技術を共同開発

車両・車載電子機器のセキュリティ評価サービスの強化へ

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 2019年06月05日

株式会社NDIAS(エヌディアス、以下「NDIAS」)*1 は、株式会社イエラエセキュリティ(以下「イエラエセキュリティ」)*2 と、自動車のサイバーセキュリティ分野において、車両・車載電子機器のセキュリティ評価に関する技術を共同開発することに、このたび合意しました。

サイバー攻撃の高度化や攻撃対象の拡大と、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)の進展により、自動運転車やコネクテッドカーの安全性を支えるため、自動車のサイバーセキュリティの確保がますます重要になってきています。

NDIASは、2018年12月の設立以来、車両・車載電子機器を対象にした、セキュリティ評価サービスを提供してきました。これは、机上での脅威分析により、セキュリティ上のリスクシナリオおよびサイバー攻撃の侵入経路を洗い出した上で、実際の車両・車載電子機器を対象に、さまざまな攻撃手法を使って侵入を試みるテストなどを実施し、セキュリティのリスク評価を行うものです。

自動車業界において、このようなセキュリティ評価サービスに関するご要望は、今後も拡大すると考えられます。NDIASは、高度なソフトウェア解析を得意とするイエラエセキュリティと、評価技術などの開発を共同で行うとともに、セキュリティ評価業務の標準化や評価手順のツール化を検討し、セキュリティ評価サービスの一層の品質向上と、体制強化を図っていきます。

NDIASは、今後も自動車に対するサイバー攻撃への備えを更に強化しつつ、安全・安心なモビリティー社会の発展に貢献していきます。

用語解説

*1 NDIAS:株式会社デンソーと、野村総合研究所(NRI)グループのセキュリティ子会社であるNRIセキュアテクノロジーズ株式会社の出資により、2018年12月に設立されました。自動車業界や自動車のセキュリティに対する深い知見と、情報セキュリティに関連する制度および技術の両面からのコンサルティング力に基づいて、車載電子機器のセキュリティ評価や自動車業界向けセキュリティコンサルテーションを中心に事業展開をしています。

*2 イエラエセキュリティ:IoT機器やスマートフォンアプリ、Webアプリケーションを対象にしたセキュリティ評価サービス(脆弱性診断)を提供するセキュリティ企業です。セキュリティ技術を競う海外のハッキングコンテストで優秀な成績を残しているホワイトハッカーが中心となり2011年12月に設立。リバースエンジニアリングなどの高度な解析技術を生かして事業展開をしています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]