編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

WSLで始めるUbuntu > 第8回 find と xargs を活用してみよう

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2019-06-12 09:00

CTC教育サービスはコラム「WSLで始めるUbuntu > 第8回 find と xargs を活用してみよう」を公開しました。
###

前回はパイプでコマンドに引数を渡す方法について説明しました。
今回は、findとxargsを組み合わせた方法を試してみましょう。
find と xargsの組み合わせ
find と xargsを組み合わせることで、検索したファイルに対して任意のコマンドを一度に実行可能です。xargsは、shellで使用できる最大長に引数を区切ってコマンドを実行します。そのため、複数ファイルを引数に取れるコマンドを実行する際に特に有用です。

まずは簡単な例です。指定した日時(90日)より更新日時が古い通常ファイルを削除します。
$ find /tmp -mtime +90 -t f | xargs rm

この場合、find の -delete オプションを使っても同じ結果が得られます。ただ、xargsを使うことで以下の効果が得られます。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]