テレダイン・レクロイ、業界初 PCI Express 5.0 対応のプロトコルアナライザSummit T54 を発表

テレダイン・ジャパン株式会社 2019年06月26日

プロトコルアナライザの世界的リーダーであるテレダイン・レクロイ (日本ではテレダイン・ジャパン株式会社、社長: 原 直 (はら ただし)) は、業界初となる次世代PCI Express (PCIe) 5.0対応のアナライザを発表しました。PCIe 5.0 はデータ転送速度において、既存のPCIe 4.0 に対して2倍(32GT/s) を誇りますが、現在32GT/s に対応できる唯一のアナライザとなります。PCIe 5.0はPCI-SIG から去る5月に発行された新しい規格です。

テレダイン・レクロイ プロトコル・ソリューション・グループ マーケティング担当上級副社長 のJoe Mendolia は、「テレダイン・レクロイは草創期よりPCIe 5.0 規格開発の先頭に立ち、重要な役割を果たして参りました。その結果、業界で最初にプロトコル解析装置を提供することが可能となりました。」
「ハイパフォーマンスコンピュータ、クラウドコンピューティングやAI (人工知能)などの最新テクノロジーが、高機能ストレージやネットワーク基盤をサポート出来る次世代バスを必要としています。PCIe 5.0 はこれまでの転送スピードを倍増しこれらの需要に応えます。私共のSummit アナライザは、これから数年の間PCIe 5.0 製品開発の最前線で活躍するでしょう。」と、テレダイン テスト アンド メジャメント グループのゼネラルマネージャー であるKevin Prusso は述べています。

インテル テクノロジーイニシアティブ 部長のJim Pappars 氏は「業界は次世代I/O の基礎技術として、PCIe Gen5 に注目を続けています。テレダイン・レクロイは開発当事者としてPCIe Gen5 エコシステムの発展に寄与し、プロトコル アナライザ及びエキササイザの供給により、スピード感をもった円滑な技術移行に貢献しています。」

「シノプシスとテレダイン・レクロイはPCI Express の分野において、長きにわたって協力関係にあり、つい先ごろわが社の技術を使ったDesignWare IPのPCIe 5.0 による接続をこのSummit T54 で検証し終えたところです。このタッグを使えばPCIe 5.0 の開発を徹底的に自信を持って進めることが出来ます。」と、シノプシス上級プロダクトマーケティングマネージャーのScott Knowlton 氏は述べています。
PSI-SIG 会長Al Yanes 氏は、「SIG メンバーのツールがプロトコルの厳格さを保ち、PCI Express が標準として成功し続ける鍵となっています。テレダイン・レクロイは私共の無二のメンバーで、そのツールはPCI Express 技術を使った製品展開に大きく貢献しています。」

【PCIe 5.0 サポートSummit アナライザについて】
Summit PCIe プロトコルアナライザはPCIe 4.0/ 5.0 に対応しています。
Summit M5x は昨年のPCI-SIG Developers Conference で華々しくデビューし、NVMe ジャマー機能を筆頭に、特にストレージ開発者にとって重要なツールになっています。これまでPCIe 4.0 で活躍してきましたが、PCIe 5.0 アップグレード対応が可能になりました。

Summit T54 は、32GT/s 最大4レーン までのPCIe 5.0 に対応可能でメモリサイズは最大64GB 、2台を連接する使用方法では最大8 の記録がトータル128GB まで可能になります。制御用PC とはUSB での接続、あるいは1000BaseT イーサネットにより遠隔操作できます。テレダイン・レクロイ製であれば、他のプロトコルアナライザ或いはオシロスコープと同期した動作させることも可能です。



【オーダー・インフォメーション】
製品名     仕様
Summit T54 PCI Express 4.0/5.0 対応プロトコルアナライザ


【弊社ウェブサイトのURL】
(リンク »)

【製品ページ】
(リンク »)


【Teledyne LeCroy Inc.について】
Teledyne LeCroy は高機能オシロスコープ、プロトコルアナライザのリーディングカンパニーです。製品性能や規格適合の検証、複雑化した機器のデバッグを詳細な情報を提供し支援します。1964 年の創業以来一貫して先進技術開発シーンの高度な要求に応え、みなさまの製品完成度向上に寄与してまいりました。米国ニューヨーク郊外、チェスナットリッジに本拠を構えます。詳細はこちら (リンク ») をご覧ください。なお製品の仕様や発表内容は、予告なく変更されることがありますので、予めご了承ください。

【この発表に関する問い合わせ先】
テレダイン・ジャパン株式会社
〒183-0006 東京都府中市緑町3-11-5
プロトコル・ソリューション・グループ 塩田 豊文
Tel: 042-402-9402(直通) Fax: 042-402-9586
Email: lecroy.contact.japan@teledyne.com
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]