ネットワーク製品の保守サービスパックを電子化し、契約締結のスピードアップとペーパーレス化を実現

セイコーソリューションズ株式会社 2019年07月09日

From DreamNews

セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)は、長期署名クラウドサービス「eviDaemon(エビデモン)」を利用し、自社販売製品の保守サービスパックの電子化を2019年7月より開始しました。

セイコーソリューションズは、タイムサーバーやロードバランサーなどのネットワーク製品の保守サービスパックにおいて、これまで印刷・郵送していたお客さまへの納品物(案内書・登録書)の電子化を推進し、「eviDaemon for PAdES」によりタイムスタンプを付与した存在証明と非改ざん性が担保されたPDFファイルで提供する仕組みに変更しました。

この保守サービスパックの電子化により、契約締結までのスピードアップが図れるようになります。さらに、ペーパーレス化により、用紙代、印刷費、送料、保管スペースの削減、紛失リスクの軽減が見込まれます。なお、この取り組みは、保守サービスパックの電子化方針の決定から、わずか2週間で構築しており、非常に短期間でペーパーレス化を実現できました。

今回利用した自社ソリューションの「eviDaemon」をはじめとするタイムスタンプサービスや電子署名サービスは、電子化やペーパーレス化によるお客さまの業務効率化を長年にわたり支援してきています。セイコーソリューションズは、今後も、お客さまのデジタルトランスフォーメーションや働き方改革を支援するサービスの充実に努めます。



長期署名クラウドサービス「eviDaemon(エビデモン)」とは
・デジタルデータの存在証明と、長期にわたる非改ざん性を担保するタイムスタンプを自動で付与するデジタルエビデンス・ソリューションです。
・長期署名はPDF長期署名標準技術(PAdES方式)とXML長期署名標準技術(XAdES方式)の両方を採用しているので、用途に応じた方式で、誰でも簡単に利用でき、将来にわたって検証が可能です。
・認定タイムスタンプを利用したクラウド型ASPサービスであることから、独自にシステム構築するよりも、安価、かつ短い開発期間(従来比1/3)で信頼性の高いサービスが提供できます。


※eviDaemonおよびeviDaemonロゴはセイコーソリューションズ株式会社の登録商標です。
※その他、記載されている会社名、製品名などは各社の商標または登録商標です。


お客さまからのお問い合わせ先:
<ネットワーク製品の保守契約について>
 セイコーソリューションズ株式会社
 ネットワークソリューション営業統括部 NSサービス推進部
 担当:島川  tel:043-273-3184  e-mail:support@seiko-sol.co.jp
<タイムスタンプ・電子署名サービスについて>
 セイコーソリューションズ株式会社
 デジタルトランスフォーメーションサービス統括部 DXサービス部
 担当:枝川  tel:03-3564-5472  e-mail:support@seiko-sol.co.jp


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

セイコーソリューションズ株式会社の関連情報

セイコーソリューションズ株式会社

セイコーソリューションズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]