編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Office 365をバックアップする必要性

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

2019-07-22 08:00

バラクーダネットワークスジャパンはコラム「Office 365をバックアップする必要性」を公開しました。興味がある方はご覧ください。
###
Office 365はビジネスによるクラウドの使用を転換しました。ガートナーの最近のレポートによると、企業従業員の5分の1がOffice 365クラウドサービスを使用しており、Office 365がユーザ数では最も広く使用されているクラウドサービスになっています。この傾向には理由があります。金融業界が、最も高い使用率を示しており、この傾向の先頭に立っています。金融企業は、Microsoft Excelのパワーユーザであり、マイクロソフトが提供するFISC(米国外国情報活動監視裁判所)とGDPR(EU一般データ保護規則)のコンプライアンス保証を必要としています。製造業界が次に高い使用率を示しており、製造企業はOneDriveをよく使用しています。

本稿では、業界と使用事例を掘り下げることもできますが、Office 365を使用する最大の理由の一つに注目することを目的としています。Office 365は、Microsoft Exchange Server、GroupWise Serverなどより、非常に簡単で効率的に管理できます。ライセンスは随時に変更できる購入しやすいサブスクリプション方式であり、製品は、複数のプラットフォームに導入することも、クラウド内で使用することもできます。ユーザは、オフラインの場合も、Officeアプリケーションにアクセスし、ドキュメントをどこでも同期および共有できるため、オンプレミスのファイルサーバにVPN(仮想プライベートネットワーク)で接続する必要はありません。また、メールとデータをバックアップすることもできます。

しかし、本当にそう言えるでしょうか?

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]