「Arduino検定のチャレンジ」(代表吉政のコラム)

BOSS-CON JAPAN 2019年07月24日

BOSS-CON JAPAN内 日本SoC技術者育成協会は「Arduino検定のチャレンジ」(代表吉政のコラム)を公開しました。興味がある方は以下をご覧ください。

###
「Arduino検定」はTwitterやFacebookなどで反響を頂きました。様々なご意見がありましたが、その全てが率直な意見であり、大変参考になりました。ありがとうございます。

前回の私のコラム「 Arduino検定を通じて実現したいこと 」も多くの方に読んでいただき、ご意見もいただきました。こちらも感謝しています。ありがとうございました。

Arduinoについても様々な意見があり、期待もあり、その観点で「Arduino検定」についてご意見を頂くことがあります。ここではっきり申し上げたいことがあります。Arduinoはとても可能性があるハードです。Arduinoを活用した検定試験にも可能性がいろいろな方向で存在しています。やりたいこともたくさんありますが、今回、当協会がArduino検定で実現したいと考えているのは、「IoTの人材育成」でもなければ、「Arduinoスペシャリストの育成」でも実はないのです。IoTの認定試験は他にありますし、そもそも私はIoTの専門家でもなければ、その分野に明るいマーケッターでもありません。ましてやArduinoの専門家でもないのです。(私には試験運営の経験と実績はあると思ってはいますので、代表に立候補してここに至っています)

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]