「詳細レポート:サイバー犯罪者がメールアカウントの乗っ取りをどのように使用しているか」(メールセキュリティ)

バラクーダネットワークスジャパン株式会社 2019年09月12日

バラクーダネットワークスジャパンはコラム「詳細レポート:サイバー犯罪者がメールアカウントの乗っ取りをどのように使用しているか」を公開しました。興味がある方はご覧ください。

###
電子メールアカウントの乗っ取りは企業にとってますます大きな脅威となり、サイバー犯罪者はこれらのタイプの攻撃の使用方法を進化させています。攻撃者は、電子メールアカウントの乗っ取りによって侵害されたアカウントを頻繁に使用して、横方向のフィッシング攻撃を仕掛けています。

これらのタイプの脅威の詳細と攻撃者が検出を回避するために使用している最新の戦術を明らかにするために、Barracudaは最近、UC BerkleyおよびUC Davisの研究者と共同で詳細な研究レポートをリリースしました。

レポート、スピアフィッシング:トップ脅威とトレンドVol。2 –メールアカウントの乗っ取り:横方向のフィッシングに対する防御、これらの成長と進化する脅威、それらがどのようにステルスでより説得力があるか、およびビジネスを守るための重要な予防策に関する新しい詳細を明らかにします。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]