バラクーダ、日本国内中小企業のAIとセキュリティに関する調査結果を発表

日本の中小企業はAIに前向きだが、セキュリティや知識、スキルの乖離を懸念

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

2024-04-03 18:15

###

クラウド対応セキュリティソリューションのリーディングプロバイダーであるBarracuda Networks, Inc.(本社:米国カリフォルニア州キャンベル)の日本法人、バラクーダネットワークスジャパン株式会社(東京都品川区、執行役員社長:鈴木真、以下「バラクーダネットワークス」)は、本日、日本の中小企業におけるAIの認識や懸念点、活用について調査したレポート「日本の中小企業におけるサイバーレジリエンス〜不安を乗り越えてAI活用の未来へ」を発表しました。調査結果によると、日本の中小企業は人工知能(AI)の潜在的な恩恵には前向きでありながら、セキュリティや知識、スキルの乖離を懸念していることが明らかになりました。

ハイライト:
・調査に回答した日本国内の従業員数50~200人の企業の62%が、生成AIのビジネス利用は非公式であると回答し、69%がリスクを懸念している。
・55%が、攻撃者がメールベースの攻撃でAIをどのように利用するかわからないと回答。
・63%は、AIベースのサイバー攻撃に対処するために必要なスキルの一部またはすべてが不足していると回答。
・77%が、AIソリューションの実装と管理を支援するパートナーを必要としている。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]