編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

エフセキュア、グローバルコンサルティング部門を設立

金融/航空/自動車/IoTなどの分野のエキスパートがサイバー防御やインシデント対応サービスを提供

エフセキュア株式会社

2019-09-25 10:00

エフセキュアは、同社のサイバーセキュリティサービスを世界中の顧客に提供するための、新しいコンサルティング部門『F-Secure Consulting』を設立しました。熟練のサイバーセキュリティコンサルタントで構成されるF-Secure Consultingは、テクニカルリサーチを駆使して幅広いテクノロジーを保護し、企業・団体を脅威から守り、そしてサイバーセキュリティ業界の発展に寄与するものです。
先進的サイバー・セキュリティ・テクノロジーのプロバイダであるF-Secure (本社: フィンランド・ヘルシンキ、CEO: Samu Konttinen、日本法人: 東京都港区、以下、エフセキュア) は、同社のサイバーセキュリティサービスを世界中の顧客に提供するための、新しいコンサルティング部門『F-Secure Consulting』を設立しました。熟練のサイバーセキュリティコンサルタントで構成されるF-Secure Consultingは、テクニカルリサーチを駆使して幅広いテクノロジーを保護し、企業・団体を脅威から守り、そしてサイバーセキュリティ業界の発展に寄与するものです。

F-Secure Consultingは4大陸11都市に拠点を構え、顧客が現実世界で直面するセキュリティにおける複雑な課題についてサポートを提供する、グローバルなチームです。金融/航空/自動車/海運/産業制御システム/IoTなどの分野において豊富な経験を持ち、これらの業種に特化したセキュリティノウハウを持つホワイトハッカーたちが、攻撃者の視点やマインドを理解したうえで、テスティング/トレーニング/フォレンジックをはじめとしたセキュリティアシュアランスやインシデント対応のサービスを、顧客の必要に応じていつでもどこでも提供できる体制を構築しました。

これまでエフセキュアが培ってきたサイバーセキュリティサービスの結晶がF-Secure Consultingであり、エフセキュアのさまざまな部門のノウハウを組み合わせることで、顧客により専門性の高いサービスを提供できるチームが誕生します。エフセキュアが2018年に買収したMWR InfoSecurity社でCEOを務め、エフセキュアではF-Secure Consultingの責任者となるエグゼクティブバイスプレジデントのIan Shaw (イアン・ショー) は、以下のように語っています。
「私たちはリサーチに重点を置くセキュリティコンサルティングチームの設立に、そしてセキュリティ業界への寄与に懸命に取り組んでいます。これまでMWR InfoSecurity、nSense、InversePath、そしてエフセキュアとして画期的なリサーチや顧客が直面しているテクノロジー面での課題に取り組み、業界そのものを前進させてきました。これはエフセキュアの従業員に根付く、誇りと尊敬の伝統なのです。今回設立されたグローバルチームは一丸となって、従業員の成長と、そして日々発生している様々なセキュリティ上の問題においてクライアントとより緊密に連携していくことに尽力していきます。」

エフセキュアのコンサルタント達は、毎年150,000時間以上をリサーチに費やしています。そうした努力の結果、これまで150通を超えるセキュリティアドバイザリー、30のツール、そして数百の研究結果が発表されました。エフセキュアのコンサルタントが携わった研究は、アクセス制御システムへの侵入から高い人気を誇るデスクトップアプリケーションでコードを実行するための複雑なエクスプロイトチェーンの開発まで、広範囲にわたっています。

F-Secure Consultingでプラクティスリーダーを務めるTomi Tuominen (トミ・トゥオミネン) は、チームの活動について次のように説明しています。
「防御戦略は往々にして、攻撃戦略から生まれてくるものなのです。私たちのチームでは、電子ロックやモバイルOSなど、ハードウェア/ソフトウェアのテクノロジーを分解し、攻撃者に悪用される前に脆弱性を発見する、ということもおこなっています。倫理的なセキュリティリサーチのおかげで、これまでに数多くのセキュリティインシデントやデータ侵害が回避されました。F-Secure Consultingでは、こうした現実世界のセキュリティ問題と脆弱性を、人々や企業に被害が及ぶ前に発見/解決することを目指しています。」

F-Secure Consultingに関する詳細な情報は以下のページでご覧いただけます (英語):
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

F-Secure Consultingの責任者となるIan Shaw

用語解説

エフセキュアについて

エフセキュアほど現実世界のサイバー脅威についての知見を持つ企業は市場に存在しません。数百名にのぼる業界で最も優れたセキュリティコンサルタント、何百万台ものデバイスに搭載された数多くの受賞歴を誇るソフトウェア、進化し続ける革新的な人工知能、そして「検知と対応」。これらの橋渡しをするのがエフセキュアです。当社は、大手銀行機関、航空会社、そして世界中の多くのエンタープライズから、「世界で最も強力な脅威に打ち勝つ」という私たちのコミットメントに対する信頼を勝ち取っています。グローバルなトップクラスのチャネルパートナー、200社以上のサービスプロバイダーにより構成されるネットワークと共にエンタープライズクラスのサイバーセキュリティを提供すること、それがエフセキュアの使命です。
エフセキュアは本社をフィンランド・ヘルシンキに、日本法人であるエフセキュア株式会社を東京都港区に置いています。また、NASDAQ ヘルシンキに上場しています。詳細は (リンク ») (英語) および (リンク ») (日本語) をご覧ください。また、Twitter @FSECUREBLOG でも情報の配信をおこなっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]