編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ドクターエア製品【3DアイマジックS】・【ボディクッション】が新たに『体調改善機器認定製品』に認定!

株式会社ドリームファクトリー

From: PR TIMES

2019-10-01 11:40

株式会社ドリームファクトリー(本社:大阪市北区 代表取締役:井上 馨)が展開する、シリーズ累計出荷台数200万台突の”触れる、感動する、スマートデザイン”をコンセプトに健康にアプローチするトータルボディケアブランド「ドクターエア」の製品【3DアイマジックS】、【ボディクッション】の2製品が日本ホームヘルス機器協会が定める『体調改善機器認定製品』へ追加されました。今回の認定によりドクターエアの体調改善機器認定製品は全6製品となります。




=認定製品=

【3DアイマジックS】

<加圧×振動×温熱×サウンド>4機能を搭載。アイホールがオープン仕様で眼圧による眼球に負担をかけることなく使用できます。温熱機能は最大42℃まで温かくなりドライアイ等のケアにも最適。
[画像1: (リンク ») ]



評価審査報告
充電式の目もとケアサポート製品で、目のまわりやこめかみを穏やかに温めながら、ほどよい振動と加圧でやさしく刺激する機能により、リフレッシュ効果をサポートすることは体調改善の目的に資すること、並びに使用時の安全性と製品の品質保証が認められることから体調改善機器として認定する。


【ボディクッション】
本体に荷重をかけると1分間に最大4000回微振動すプッシュバイブレーション機能を搭載で、筋肉のハリなど気になる部分を乗せるだけでらくらくストレッチをサポート。体とのフィット感抜群の大小4つの突起と心地よい振動がピンポイントにアプローチ。
[画像2: (リンク ») ]



評価審査報告
製品本体を筋肉の張りなど気になる部分に押し当てることで振動させ、運動前や運動後のストレッチの補助をすることは体調改善の目的に資すること、並びに使用時の安全性と製品の品質保証が認められることから体調改善機器として認定する。


体調改善機器認定制度

[画像3: (リンク ») ]

(リンク »)
体調改善機器認定制度は、家庭向け健康機器等の安全性や機能の妥当性を審査し、一定の水準に達している機器等を体調改善機器として認定することにより、信頼と安心感によって消費者が自身のニーズに合う機器等の確保に資することを目的とする。 なお、体調改善機器とは、人の健康・美容の増進、QOL の向上を目的とする機械器具等であって、一般社団法人日本ホームヘルス機器協会(協会)が認めるものをいう。


=認定製品一覧=

【ストレッチロールS】認定番号:0002
(リンク »)
[画像4: (リンク ») ]


【3Dコンディショニングボール】認定番号:0002-1
(リンク »)
[画像5: (リンク ») ]


【3DスーパーブレードS】認定番号:0003
(リンク »)
[画像6: (リンク ») ]


【3Dスーパーブレード スマート】認定番号:0004
(リンク »)
[画像7: (リンク ») ]



【3DアイマジックS】認定番号:0007
(リンク »)
[画像8: (リンク ») ]


【ボディクッション】認定番号:0010
(リンク »)
[画像9: (リンク ») ]

[画像10: (リンク ») ]

(リンク »)
「癒し・運動・美容」から健康にアプローチ“オンリーワン” のトータルボディケアブランド
2013年に誕生したドクターエアでは、身体と心をメンテナンスし「健康」になることで、多くの方に毎日をもっと豊かに過ごしていただくことをめざし、カテゴリーを問わない新発想の製品を生み出し続けていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<企業情報>
企業名: 株式会社ドリームファクトリー
住所: 〒530-0001 大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビル16F
代表取締役: 井上馨
TEL: 06-6346-1170
(リンク »)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]