編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

Barracuda Web Application FirewallがガートナーのMQ(マジック・クアドラント)で評価

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

2019-10-16 08:00

バラクーダネットワークスジャパンはコラム「Barracuda Web Application FirewallがガートナーのMQ(マジック・クアドラント)で評価」を公開しました。
###
Webアプリケーションは引き続きセキュリティ侵害につながるハッキングの最大の攻撃ベクタであり、攻撃者は引き続きWebサイトおよびアプリケーションを侵害することにますます狡猾になっています。一方、このような攻撃を防止するための対策は十分でしょうか?

Barracuda Web Application Firewallはガートナーの2019年のMQでWAF(Webアプリケーションファイアウォール)のチャレンジャーとして評価されました。この結果、バラクーダは、このレポートで3年連続の評価を受けたことになります。ガートナーは、分析によって、バラクーダのAbility to Execute(ベンダが収益合計と市場シェア合計を含むソリューション戦略に対してどのように行動するか)とCompleteness of Vision(ソリューション戦略、ロードマップ、および将来性)を評価しています。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]