編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

認知症・障害の方の道迷いや遺失物の早期発見支援サービスおかえりQR日本郵便 関東支社エリアで販売開始

株式会社昭文社

From: PR TIMES

2019-10-24 16:15

この10月25日から首都圏1都7県の計4,810局にて展開

当社は、2019年10月25日より、認知症の方、発達障害を始めとする障害者の方や迷子の方、遺失物等の早期発見支援サービス「おかえりQR」を、日本郵便株式会社関東支社および明治学院大学 社会学部 岡本多喜子教授のご協力の下、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県の郵便局2,394局(※)にて店頭販売を開始いたしますことをお知らせいたします。
これにより、おかえりQRを販売する郵便局数は、1都7県、計4,810局(※)となります。
※:2019年9月現在の郵便局数
7月に東京都、9月に神奈川県・山梨県の郵便局窓口にて本格販売を開始したおかえりQRが、このたび日本郵便関東支社エリアの郵便局でもご購入いただけるようになり、東京、神奈川、山梨、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城の各都県、すなわち首都圏全域で対面販売を展開できることとなりました。
 今後、さらなる販売エリアの拡大および認知の向上に、鋭意取り組んでまいります。



 株式会社昭文社(東京都千代田区、代表取締役社長 黒田 茂夫、東証コード:9475)は、認知症の方、発達障害を始めとする障害者の方や迷子の方、遺失物等の早期発見支援サービス「おかえりQR」を、日本郵便株式会社関東支社(埼玉県さいたま市中央区、支社長 西澤 茂樹)および明治学院大学(東京都港区、学長 松原 康雄)社会学部 岡本多喜子教授のご協力の下、10月25日より埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県の郵便局2,394局(※)にて店頭販売を開始いたしますことをお知らせいたします。
 これにより、おかえりQRを販売する郵便局数は、1都7県、計4,810局(※)となります。
※:2019年9月現在の郵便局数
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

)) 首都圏全域の郵便局で店頭販売開始! ((
 7月に東京都、9月に神奈川県・山梨県の郵便局窓口にて本格販売を開始したおかえりQRが、このたび日本郵便関東支社エリアの郵便局でもご購入いただけるようになり、東京、神奈川、山梨、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城の各都県、すなわち首都圏全域で対面販売を展開できることとなりました。
 とりわけ埼玉県は昨年1年間の認知症由来の行方不明者数(警察庁調べ)が、全国で2番目、首都圏で一番多く、喫緊の課題となっており、当社でも昨年秋から県内の一部地域で試行販売を行いました。
 今後、さらなる販売エリアの拡大および認知の向上に、鋭意取り組んでまいります。

)) おかえりQR商品概要 ((
商品名  : おかえりQR
体裁・枚数: シール本体 大4枚(H43mm×W60mm)、
       小6枚(H25mm×W35mm)+取扱説明書
発売日  : 2019年7月24日・・・東京都、2019年9月10日・・・神奈川県・山梨県
       2019年10月25日・・・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・茨城県
       ほかオンラインストア(Amazon、楽天市場)で販売中
定価   : 1,800円+税
公式サイト: (リンク »)
発売元  : 株式会社 昭文社

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]