編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

A10、KubeCon + CloudNativeCon 2019で 5Gクラウドネイティブネットワークの共同ライブデモに参加

〜 5G / NFVI向けの仮想ネットワーク機能として、 コンテナでハイパフォーマンスなファイアウォールとCGNAT機能を実演 〜

A10ネットワークス株式会社

2019-11-20 13:00

A10 Networksは、11月18日より米国で開催されているKubeCon + CloudNativeCon 2019における、Linux Foundationのエンドツーエンド5Gクラウドネイティブネットワークの概念実証 (POC; proof of concept) への参加を発表しました。
(本内容は、2019 年 11月 18 日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳をベースにしています (リンク ») )

A10 Networks (リンク ») (本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下A10)は、11月18日より米国で開催されているKubeCon + CloudNativeCon 2019における、Linux Foundationのエンドツーエンド5Gクラウドネイティブネットワークの概念実証 (POC; proof of concept) への参加を発表しました。これは、業界最速クラスの最大180 Gbpsのスループットを備えた、A10のキャリアクラス5Gコンテナ型ファイアウォールを利用した初の公開デモとなります。同製品はライブのエコシステム環境で動作し、5Gスタンドアロンおよび非スタンドアロンの分散クラウドネットワークにおけるユーザープレーン、コントロールプレーン、ネットワークプレーン全体にわたって確かな相互運用性を提供します。

本POCは、完全にコンテナ化されたエンドツーエンドの5Gスタンドアロン (SA) および非スタンドアロン (NSA) の分散クラウドネットワークであり、基盤はLenovoのCOTS(商用既製品)サーバー上に実装されたRed Hat OpenShift Kubernetes環境で構築されています。A10のコンテナ型ファイアウォールおよびCGNAT(キャリアグレードネットワークアドレス変換 ) は、5Gクラウドネイティブネットワークの概念実証の一部として機能しています。

A10は、継続的なハイパースケール、低遅延、アジリティ、高度なセキュリティを必須としているTier1サービスプロバイダーの5G展開で複数の実績を持つ5Gセキュリティソリューションに注力しています。5Gでは、Gi-LAN上においてマルチテラビット級のパフォーマンスがますます求められています。A10 は、仮想ネットワーク機能 (VNF) と物理ネットワーク機能 (PNF) の両方で、業界をリードするスケールを備えたソリューションを提供し続けます。このソリューションには、仮想モバイルエッジコンピューティングで求められる、スケールアウト可能でアジャイルなデプロイメントを可能とするコンテナ型のソリューションが含まれています。

Linux Foundationのコミュニティおよびエコシステム開発担当副社長であるHeather Kirksey氏は次のように述べています。
「この取り組みは、ネットワークを変革し、5G基盤を築こうとする通信事業者にとって最も魅力的なユースケースの1つです。今回KubeCon + CloudNativeConで実施されるエンドツーエンドの5Gクラウドネイティブネットワークのデモンストレーションは、完全にコンテナ化された5Gネットワークを実現する上で重要な進歩を意味します。A10は、本POCで重要となるファイアウォール機能やCGNAT機能、高いパフォーマンス、実績ある相互運用性を提供しています。」

Red HatのNFV担当テクニカルディレクターであるTom Nadeau氏は次のように述べています。
「通信事業者は、従来型エンタープライズデータセンターと同じようにKubernetesなどのクラウドネイティブ技術の活用を増やしながら次世代ワークロードを構築しています。Red Hatが、A10やLinux Foundationなどのパートナーと協力して、今年のKubeCon + CloudNativeCon North Americaでオープンソースインフラストラクチャ上に構築されたクラウドネイティブなモバイルネットワークを紹介できることを嬉しく思います。」

このライブデモ (リンク ») は、Linux Foundation、Red Hat、China Mobileによって、11月20日水曜日午前10時 (太平洋時間) の基調講演中に行われます。

A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について
A10 Networks(NYSE: ATEN)は常に信頼できるセキュリティ企業として、高性能なアプリケーションネットワーキングソリューション群を提供しています。お客様のデータセンターにおいて、アプリケーションとネットワークを高速化し可用性と安全性を確保しています。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界各国の拠点からお客様をサポートしています。

A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。
詳しくはホームページをご覧ください。
URL: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

A10 ロゴおよびA10 Networksは米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

A10ネットワークス株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]