編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

メディアキャスト、フジテレビへデータ放送用の最新CMSを納入

Webブラウザ操作で、容易にタイムリーにコンテンツを更新可能 最新技術を採用し、機能強化・性能向上した改良版

株式会社メディアキャスト

2019-12-03 10:00

メディアキャストは、フジテレビにデータ放送用CMS「DDC-Cue」の最新版を納入し、本格稼働開始したことを発表します。「DDC-Cue」は、地デジ開始当時に業界で初めてWebブラウザによる操作を可能とし、BMLやデータ放送規格などの専門技術がなくても、容易にデータ放送画面を更新できるCMSです。
株式会社メディアキャスト(本社:東京都品川区、代表取締役 杉本 孝浩)は、株式会社フジテレビジョン(本社:東京都港区)へ、データ放送用CMS(コンテンツ管理システム)「DDC-Cue(ディディシィキュー)」の最新版を納入し、同CMSが2019年12月2日より本格稼働開始したことを発表します。

「DDC-Cue」は、地デジ開始当時に業界で初めてWebブラウザによる操作を可能とし、BML(Broadcast Markup Language)やデータ放送規格などの専門技術がなくても、容易にデータ放送画面を更新できるCMSとして、2003年に出荷開始以来、大手放送機器メーカー経由も含め地上テレビ局へ多数の実績があります。データ放送画面制作に必要な専門的な処理(BTB変換、画像変換、レイアウト編集など)は、「DDC-Cue」制作サーバで自動処理され、BMLテンプレートにテキスト情報と画像情報を自動更新することが可能で、BML画面テンプレート管理機能や画面プレビュー機能を有する特徴があります。

最新版「DDC-Cue」は、従来版のアーキテクチャを踏襲しながら、HTML5をはじめとする最新テクノロジーを採用し、本バージョンから初めてクラウド環境での運用が可能となりました。また、従来はファイルベースで行っていた画面テンプレートなどの管理をデータベース化することで処理性能を大幅に向上させ、さらに、動的な画面プレビュー機能などの新機能を追加し、管理画面や入力画面の操作性も向上しています。


◆ 最新版「DDC-Cue」の主な特長
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・最新OS、Webブラウザ(Google Chrome、Microsoft Edge)環境での稼働
・データベース化による処理速度の向上
・従来版で作成した画面テンプレートなどの資産を有効活用可能
・従来版のWeb操作画面をベースにHTML5を使った新機能を追加
・画面テンプレート設定をWeb操作で実現(従来は専用ソフトで設定)
・BMLブラウザによる動的な画面プレビュー機能を追加
・クラウド環境でのシステム運用
・冗長化対応


◆「DDC-Cue」について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「DDC-Cue(Digital Data Casting Contents Update Editor)」は、BMLやデータ放送規格などの特別な技術を習得することなく、最低限のスタッフで容易にデータ放送画面を更新可能とする、テンプレート差換え型コンテンツ更新システムです。データ放送画面制作に必要な専門的な処理(BTB変換、画像変換、レイアウト編集ほか)は、DDC-Cue制作サーバで一括自動処理することにより、あらかじめ用意されたBMLテンプレートに随時テキスト情報と画像情報を更新することが可能です。気象情報や報道情報など、タイムリーに入力されてくる自動運用系データは、制作サーバで一括自動化処理を行うことで、人手を割くことなくデータ放送画面の更新が可能な完全自動化システムが実現します。
敏速性が要求される報道用コンテンツの更新や、スポンサーなどの広告画面の切り替え、更にはデータ放送では最も重要である緊急災害時のデータ更新などの手動系運用データは、日常使用しているWebブラウザ使ってDDC-Cueへログインし、あらかじめ作成された画面テンプレートを選択しながらコンテンツデータを入力し、スケジューラへ登録することで容易にデータ放送画面の更新が可能です。
送出装置には、ARIBバイナリーデータとARIB画像のみをFTP送信し更新するため、送出装置との接続性も容易です。

___________________
■ 株式会社メディアキャストについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)
株式会社メディアキャストは、デジタルデータ放送やハイブリッドキャスト分野に特化したソフトウェア開発・販売、受託開発を行う業界唯一のデータ放送専門会社です。BML(Broadcast Markup Language)技術を始め、コンテンツ制作技術や運用システムなど、デジタルデータ放送に求められる専門分野で多くの経験と実績を有し、メディアキャストのデータ放送製品群は、NHK(日本放送協会)、民放各局、地方局、CATV局、ならびにコンテンツ制作会社などで多数採用され、デジタルデータ放送業界のデファクトスタンダード製品として位置付けられています。

このプレスリリースの付帯情報

最新版DDC-Cueの操作画面

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社メディアキャストの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]