編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

GRANDIT 高橋昇氏の「レガシーERP」からの脱却第14回「サブスクリプション」が公開されました。

日商エレクトロニクス商社ERP/IT企業ERP by GRANDIT

2019-12-10 08:00

GRANDIT 高橋昇氏の「レガシーERP」からの脱却第14回「サブスクリプション」が日商エレクトロニクスで公開されました。
■サブスクリプションの意味
最近はテレビのCMでも耳にすることが多くなってきたので皆さんも「サブスクリプション」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。サブスクリプションとは定額課金という意味で様々なモノやサービスを一定期間利用できる権利を購入するというビジネスモデルです。

元々は新聞や雑誌などの定期購読でお馴染みですが、最近では「動画配信」「雑誌」「ファッション」「自動車」、など様々なサービスが利用できるようになりました。

一方、以前は似たような形態で「リース」があると思いますがどこが違うのでしょうか?
「リース」は長期間に渡り商品を貸し出すサービスのことをいいます。「サブスクリプション」との違いでいうと、商品を選ぶことが出来ることと、途中解約が出来ないことの2点です。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]