編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

Gift of Life Donor Programが12年連続で米国の臓器提供をリード

Gift of Life Donor Program

From: 共同通信PRワイヤー

2020-01-07 09:21

Gift of Life Donor Programが12年連続で米国の臓器提供をリード

AsiaNet 82387 (0020)

【フィラデルフィア2020年1月6日PR Newswire=共同通信JBN】
*担当地域が再び2つの米国新記録を打ち立て、並外れた寛大さと臨床的リーダーシップを示す
*臓器提供者数と救命の臓器移植数で最多

Gift of Life Donor Program(命の贈り物 臓器提供プログラム)は12年連続で米国トップの臓器調達組織(OPO)となり、米国の58のOPOの中で最も数多く命を救う臓器移植のコーディネートを行った。

Photo - (リンク »)
Logo - (リンク »)

Gift of Lifeは2019年、再び2つの国内新記録を打ち立てた。年間の臓器提供者と移植の数で米国を拠点とするOPOのこれまでの最高記録を抜いた。Gift of Life担当地域は、以下の2つで全米トップになった。

*最多臓器提供者 - 664人の臓器提供者からの命を救う贈り物をコーディネート
*最多臓器移植 - 臓器提供により1865の臓器が移植された

Gift of Lifeの、人口100万人当たりの臓器提供者59人という年間臓器提供率と人口100万人当たりの移植167という年間移植率は、いずれも世界最高にランクされている。

Gift of Lifeのハワード・M・ネイサン社長兼最高経営責任者(CEO)は「献身的なスタッフが毎日、24時間体制で働き、命を救ってくれる臓器を待つこの地域の5000人以上の男性、女性、子供の命を救うために最善を尽くしている。彼らは、国内で最も寛大なコミュニティーと、国内随一の病院や移植センターによって支えられている。われわれは共に、心のこもったケア、優れた臨床、コミュニティーパートナーシップの国際モデルをつくってきた」と語った。マルキタ・ルイスさんが、息子の臓器を提供するという無私の決断をしたことで、3人の子供の命が救われた。以下の動画を参照: (リンク »)

Gift of Lifeは2019年、1305人の筋骨格ドナーと2234人の角膜ドナーを含む2677人のドナーから、人生を充実させる組織の提供も受けた。こうした組織提供は、整形外科やスポーツ損傷用の骨の提供、火傷患者の治療用や再建手術用の皮膚の提供、命にかかわる疾患の治療用の心臓弁の提供、視力の贈り物をするための角膜の提供など、10万人以上の人々に役立てることができる。以下の動画では、キャリー・デイリーさんが、組織の提供を受けて腕が再び使えるようになり、看護師になる夢を追求するチャンスを手にできた経緯を話している: (リンク »)

▽コミュニティーづくりのリーダー
Gift of Lifeは、救命活動で域内128の救急病院、15の移植センターと提携している。

Gift of Lifeのリチャード・D・ハス臨床サービス担当副社長は「命を救い、心のこもったケアを提供するという使命を共有するGift of Lifeのスタッフと病院の救急チームは、24時間、年中無休で活動し、家族が臓器や組織の提供を通じて命を救い、癒すチャンスを得られるようにしている。こうした献身的かつ熱心な専門家たちの驚くべきパートナーシップが、当地域全体で力強い臓器提供文化を育んでいる。Gift of Lifeは毎年、心のこもった臓器提供で功績のあった病院をGift of Life Award(命の贈り物賞)で顕彰している。今年の受賞者は以下のように、家族のケアとGift of Lifeとのパートナーシップを振り返っている: (リンク »)

米国では約11万3000人が命を救ってくれる臓器の提供を待っており、毎日20人が提供者が現れる前に亡くなっている。ペンシルベニア州の東半分、ニュージャージー州南部、デラウェア州にまたがるGift of Lifeの担当地域には現在、命を救ってくれる移植を待つ男性、女性、子供が5000人以上いる。州の運転免許証登録を通じて臓器提供者として登録されている人の割合は、ペンシルベニア州で49.4%、ニュージャージー州で36%、デラウェア州で52%である。

Life of Viceのジャン・L・ウェインストック管理・法務担当副社長は「国内で最も臓器提供に寛大な地域にサービスを提供できるのは非常に光栄なことだ。しかし、移植用臓器の不足に関する一層の周知、啓発活動の必要性は、依然として重要な公衆衛生問題だ。われわれは全ての人にドナー登録をし、われわれのミッションに参加するよう呼び掛けている。われわれが思い描いているのは、臓器の提供を待ちながら亡くなる人がゼロになる日が来ることだ」と語った。

登録は以下のサイトからわずか30秒で完了する。
(リンク »)

▽コミュニティーサポートのリーダー
医療先進地域であるフィラデルフィアには、移植患者が殺到している。Gift of Life Family House( (リンク ») )は、移植患者とその家族に手頃な価格の宿泊施設、食事、支援サービスを提供している。Gift of Life Family Houseのスタッフとボランティアは2019年、1万6840人のゲストに9401泊、3万3680食、1164回の病院への車での送迎、を提供した。Family Houseはコミュニティーのサポートを得て2011年7月にオープンして以来、12万1682人のゲストに6万6326泊、24万3364食以上を提供、患者家族に930万ドル以上の補助金付きケアを提供した。2019年のFamily Houseの稼働率は86%、満室の夜は121日で、コミュニティーからの寛大なサポートのお陰で新たに2部屋が増設された。Gift of Life Family Houseと移植家族の滞在支援は (リンク ») まで。

Gift of Life最大の年次集会と募金活動はDonor Dashで、今年は4月19日にフィラデルフィア美術館で25周年を記念して開かれる。毎年、National Donate Life Monthに開催されるDashは、臓器・組織移植の命を救う力をたたえている。1996年の設立以来、25万人がDashに参加、命を救うというDashのメッセージはメディアやコミュニティーの参加を通じて何百万もの人々に届けられてきた。過去5年間だけで、Dashは臓器や組織の提供を支援するために300万ドルを集めた。以下からドナーダッシュのハイライトを見て、この特別イベントの意義の詳細を知ってほしい: (リンク »)

Gift of Lifeは1年おきに、臓器提供と移植の成功例を紹介するDonate Life Transplant Games of Americaに最大の代表チームを派遣している。競い合うアスリートは、元気な臓器提供者と臓器や組織の提供を受けた人々である。1982年の開始以来、Gift of Lifeはこの素晴らしいイベントを支持してきた。フィラデルフィアチームは、2020年7月にニュージャージー州メドウランズで開催されるTransplant Gamesにも参加する。2018 Donate Life Transplant Games of Americaで入賞したフィラデルフィアチームのパフォーマンスのハイライトシーンは以下の動画で: (リンク »)

▽イノベーションと教育のリーダー
Gift of Lifeは、臓器や組織の提供の分野におけるリーダーシップと研究で国際的に認められている。Gift of Life Institute( (リンク ») )は2004年の設立以来、臓器・組織提供教育を国際的にリードし、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、インド、イラン、日本、メキシコ、フィリピン、アラブ首長国連邦など39カ国の1万500人近い専門家が研修を受けてきた。同協会はまた、58のOPOと多くの組織バンクと共に400回以上のワークショップ開催の手助けをしてきた。

同協会のTransplant Pregnancy Registry International( (リンク ») )(TPR)は、移植後に親になることや、薬物投与の生殖能力や妊娠への影響を研究している。1991年以来、TPRは4800以上の移植後妊娠の結果を追跡し、家族計画を決めた数多くの移植患者や彼らの医療チームと情報を共有してきた。TPRは、この種の世界で唯一の登録簿である。TPRチームは、70以上の査読付き出版物に成果を発表、世界中の520の学術フォーラムで発表してきた。

▽Gift of Life Donor Program(命の贈り物 臓器提供プログラム)
Gift of Life Donor Program( (リンク ») )は非営利の連邦政府指定臓器調達組織で、128の救急病院、15の移植センターと協力し、ペンシルベニア州の東半分、ニュージャージー州南部、デラウェア州の1120万人にサービスを提供している。心優しいコミュニティーのお陰で、Gift of Lifeは過去12年間、米国で最も多くの命を救う移植臓器のコーディネートを行ってきた。その年間提供率は、世界最高位にランクされている。Gift of Lifeは1974年以来、5万以上の命を救うための臓器移植をコーディネート、寛大なドナーとその家族から提供された組織の移植は約150万例に上る。1人の臓器提供者は最大8人の命を救うことができ、組織提供者は75人以上の人の生活を改善することができる。詳細情報または登録については、donors1.org( (リンク ») )を参照。

ソース: Gift of Life Donor Program

▽問い合わせ先
Karen Muldoon Geus, kmuldoongeus@donors1.org
Kimberly Kerr, kkerr@donors1.org
215.557.8090


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]