編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

Libraの同行者MANGO Chain:「コンセンサス至上」のチェーン上金融新生態を構築する

Mango

From: JCN Newswire

2020-01-08 18:00


TOKYO, Jan 8, 2020 - ( JCN Newswire ) - 6月18日にフェイスブック傘下の世界デジタル暗号化通貨Libraの公式サイトがオープンした。これで世論が沸騰した。

Libraは簡単な国境のない通貨、数十億人にサービスする金融インフラを構築する。libraの発行計画はまだ成功していないが、世界中の金融と通貨システムに衝撃を与えた。

ブロックチェーンの透明性、安全性、脱中心化性などの優位性はすでに人々の広範な共通認識を得ていた。ブロックチェーン技術の優位から利益を得たいと思っても、フランスドルの保証(信頼と安定性など)を失いたくない人は、何らかの安定した暗号化貨幣が必要である。

これは安定貨幣の意味で、Libraが国境のない貨幣、チェーン上のデジタル生態、普遍的な金融の設計を創立したおかげで、MANGO Chainの原形が生まれた。

しかし、Libraと違って、MANGO Chainは、より徹底的で、より全面的なクロスチェーン金融の生態は、世界の安定貨幣よりもっと現段階の解決案にふさわしいと考えている。

Libraの苦境

なぜクロスチェーン金融を考慮しないのか?これはlibraの特性によって決定された。

Libraのすごいところは、単にデジタル通貨項目ではなく、ブロックチェーン技術、分散組織、決済システム、国際貿易システムを組み合わせた総合的な製品であることにある。

安定貨幣であるから、Libra備蓄は100%銀行預金と短期国債に連結されており、安定性、低インフレ率、全世界で広く受け入れられ、交換できる優勢を持っている。したがって、単に支払手段から見ると、その実行可能性と着地可能性は、現在のどのようなブロックチェーンプロジェクトよりも優れている。

USDTも安定貨幣であり、流動性もいいであるが、Omni、ERC20、TRC20の3つのネットしかないで、しかも主体信用、組織構造、貨幣価値の安定と生態構造の面ではLibraに及ばないである。

Libraは一定の程度でブロックチェーン業界の「希望」を背負っているが、現在の規則では、新しいものの出現には必ず抵抗があり、特に主権国家の通貨主権を脅かす「新しいもの」である。

Libraの陣容と抱負はとても大きくて、世界を変えることもできる。しかし、世界金融システムはすでに既定の形になっていた。このステップは飛ぶのが速すぎて、着地するのは簡単ではないである。

また、前に述べたように、1種の通貨として、Libraは天然に商業銀行と類似のリスクに直面している。監督問題を除いて、超発、取り付け及びプライバシー漏洩のリスクなど、Libraにとって全部直面しなければならない問題である。
ビジネス銀行の道を行くと、Libraは珍しくブロックチェーンの属性を持つが、脱中心化はまたLibraの貨幣属性を制限する。貨幣業務の特性は透明であればあるほど、取り付けが起こりやすいからである。

このように、Libraの苦境は、一斑を見ることができる。

より着地的な総合的な解決策

全世界の安定貨幣システムとして、Libraの結果はこの道が通用できないかもしれない。市場は安定、高効率、着地の解決策が必要である。

プロジェクトの担当者によると、MGPの設計目標は、M-DPOSコンセンサス機構、分散ストレージ、ダイナミック価格、耐量子計算、クロスチェーン操作など様々な技術をサポートするグローバルベースチェーンである。

言い換えれば、MGPはある局部の革新ではなく、広い範囲、高い緯度の革新である。

なぜクロスチェーン金融というコースを狙っているか?ご存知のように、クロスチェーンの本質は一連のチェーンとチェーンの間の清算メカニズムであり、清算の本質は正確な記帳である。

しかし、ブロックチェーン技術の実現の角度かそれとも商業応用の角度かに関わらず、一連の帳簿は正確な記帳を実現することができないのである。逆に、無数のブロックチェーンが相次いで出現していることは、ブロックチェーンの世界がハヤックが描いた自由市場の方向に向かって発展していることを示している。

清算能力はいかなる価値交換市場の存在の基礎であり、便利な清算がなければ、市場は流動性に乏しくなり、更に繁栄する市場は現れない。

取引所の仲介メカニズムと違って、クロスチェーンメカニズムは分散方式によってより基礎的な清算能力を提供する。MGPの最も重要な機能は取引清算であり、これは現段階のブロックチェーン応用市場の重要な需要である。

MGPの利点は、異なる種類のブロックチェーンのクロスチェーン操作を同時にサポートしており、クロスチェーンのシーンがより豊富であることである。これ以外にも、監視ノードを導入し、新型DAG構造を設計することで、技術的に高い信頼、高速、高透明性の取引を実現する。

クロスチェーンだけでなく、Libraと同様に、MGPにも安定貨幣システムがあるが、mBTCはMGPチェーンに基づいて、価格はBTCを狙う。

Libraができる無料、高速、フランス円の両替、それも同じくできる。

なぜ無料なのか?一般的には、悪意の攻撃を防止し、鉱山労働者の積極性を高めるために、公鎖振替はいずれも手数料を取る必要があり、MGPは前者の二つの問題を解決したので、従来の公鎖では実現できなかった三つの特徴--即時入金、手数料ゼロと高い安全性を同時に実現することができた。


支払手段、取引速度または実行可能性においても、MGPはより着地した解決策であり、これも高周波取引業界との結合の基礎を定めていた。

またコミュニティの生態に言及して、デジタル経済の時代で、データは新しい肝心な生産の要素になって、価値があるデータは一種の希少な資源になる。

フェイスブックのユーザーデータのコントロールは中心化である。ユーザーは公式のプライバシー保護にあまり信頼していない。Libraの通貨属性もこのような透明化の敏感性を作り出していた。ブロックチェーンの設計原則と衝突している。これは現在の段階ではまだ生態と信用システムが完全に確立されていないことを示している。

デジタル経済の時代に、いったんユーザーと外部の主体の間に信頼がないと、データと情報の真実性と有効性に対する認識ができなくなる。したがって、生態化されたデジタル経済の要求はすべてのユーザーに向ける社会信用システムが形成できることである。

そのため、MANGO Chainはこのショートボードを補い、将来のデジタル経済のインフラストラクチャプラットフォームとして、MGPはプラットフォームサービスの対象をリンクすることによって、決済業務を処理し、資金増値サービスを提供し、外部サービス機構をリンクして、信用システムを再構築する目的を達成する。

言い換えれば、MGPのコミュニティ生態は開放化され、標準化され、公平化されており、多くの主体が存在する中で安全で、監督管理地に適合して情報を処理することが保証できる。この点もブロックチェーンの設計原理にぴったり合致している。

またコミュニティの治理について言及し、ブロックチェーンプロジェクトの分布式の属性を考慮して、管理構造は従来から一つの手を焼く問題である。管理モードの探索は長期的で、繰り返し改善する過程であり、遭遇する難題は多くある。例えばブロックチェーン関連の共通認識メカニズムと伝統的な方策決定メカニズムは互換性がない。

Libraも非常に現実的にスタート段階の折衷案を提出したが、つまり許可制ネットワーク(permissioned network)Libra協会が管理と運営を行う。同協会は当初、地域を跨いで多様な背景を持つ創始メンバーで構成されていたが、プロジェクトの発展に伴い、同協会のメンバー資格は一連の高い参入許可のしきい値基準から、Libraトークンを持つ単一の要求にのみ基づくものとなる。

PayPal、Mastercard、Visaなどの会社が相次いで退出した後に、更にこの管理のモードが早急に改善することを説明して、このモードは検証されなければならなくて、しかもしばらくも検証の段階に達することができない。

サービス施設の完備は、ユーザー、インフラストラクチャサービス側、外部サービス側の多方面の参与と協調が必要で、利益の執行方、政策の継続、政策の透明性などの要素を明確にしなければならないことなどである。どのようにこのシステムを設計するかは非常に重要である。

MGPコミュニティガバナンス構造の利点は、コミュニティメンバーに十分な激励と自治権を与えていることである。

豊富な採掘奨励を提供し、コミュニティ投票制度を実行する以外に、コミュニティ管理の基本ルールを知能契約に書き込んで、システムによって自動的に実行される。これによってコミュニティメンバーの利益を十分に守り、ルールの安定性を守る。

公開性を保証し、チェーン上での合意を維持するために、MGPは選挙制度を厳格に規範化するとともに、コミュニティ委員会の職責権益を充実させ、コミュニティ自治の完全運行を確保する。

MGPも専門家顧問団、実行委員会、決定委員会といった類似のキャラクターを作っていたが、結局、Libraのデザインは会社化の管理に偏っていた。普通の貨幣を持つユーザーには意思決定権がない。MGP生態の重大事件と戦略的決定はすべての証書保有者の投票で決定される。これもMGPとLbiraの最大の違いである。

着地可能性を考慮して、Libraはインフラプロジェクトに属している。立法者と監督者は絶対的な利益関係者である。彼らはLibraの前進方向を大きく決定する。

MGPのクロスチェーン金融の生態の試みに比べて、より多く考慮するのは実行可能性であるが、Libraは世界の多国別と地区の監督管理要求をバランスさせる必要がある。この点で遭遇する抵抗はかなり大きいである。

グローバル化のプロセスでは、Libraは非常に困難な道を歩み出そうとしている。主にチェーン上の金融生態、より実行可能性、着地性のあるMGPは現在の監督管理環境の下で受け入れやすい解決策となる。

チェーン上の共通認識の作成者と実施者

MGPでは、Libraは「先行者」であるが、「同行者」でもある。

歴史は無数の「先行者」によって検証され、無数の「同行者」が必要となり、MGPはこのように世界を変える機会に条件を作った。

「コンセンサス至上主義」の社会では、開放的、分散的な思想が主流である。つまり、すべての人は自分の合法的な労働成果をコントロールする固有の権利を有し、人々は分散化した管理形式をますます信用していく。

コードは法律であり、共通認識は価値である。MGPは、技術だけがルールとして使えると考えているので、契約書で生態基準を書き込んだ。共通認識だけが最高価値である。だから、コミュニティ委員会を中心化管理機関に代わる。

MGPの使命は、責権の平等、情報の安全、底辺の安定のクロスチェーン金融生態を構築し、すべての人にサービスするグローバルなオープンノードネットワークを作成することである。

Libraは世界の安定貨幣システムであり、巨大な社交ネットワークとユーザーのキャリアを通じて世界の金融構造に衝撃を与える。
MANGOはインフラストラクチャの共通チェーンであり、「合意以上」のコミュニティ委員会を通じて、クロスチェーン金融の新しい生態を構築する。

MGPは転覆ではなく、革新であり、衝撃ではなく創造である。

アリは小さいが、木を揺り動かすこともできる。蝶は軽いが、波を引くこともできる。MGPはブロックチェーンの世界のほんの一歩かもしれないが、クロスチェーン金融生態の大きな一歩である。

Libraの方向はよく分からない。技術が大爆発した時代には、ブロックチェーンプロジェクトの台頭とフェージングももはや偶然ではない。しかし、より効率的で、着地的で、論理的なプラットフォームはより信頼できる選択になる。MGPは新たな、分散的な、「コンセンサス至上」のチェーン上の金融生態系に進化すると信じている。

MIO FOUNDATION LTD.
Curry
langudi0727@gmail.com
www.mgpchain.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]