編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

調査からサイバーセキュリティテストに費やす時間が不十分であることが判明

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

2020-01-27 09:00

バラクーダネットジャパンはコラム「調査からサイバーセキュリティテストに費やす時間が不十分であることが判明」を公開しました。
###

小なくとも理論上は、サイバーセキュリティ上の問題が増加するにつれて、IT環境の回復力を確保するためのサイバーセキュリティテストの回数も増加するはずです。侵入テストの外部委託プラットフォームのプロバイダである Synackが 300人のITリーダーを対象に実施した調査によると、回答した企業の 44%はサイバーセキュリティテストを毎月1回以上、行っています。

通常のサイバーセキュリティテストは完了までに平均 1~2週間かかります。また、Synackによると、平均的なクラウドソーシングのサイバーセキュリティテストは 300時間以上かかります。一方、回答した企業の 40%が 1回のテストに費やしている時間は 8時間以下であり、30%が費やしている時間は 9 ~ 20時間です。企業がサイバーセキュリティテストを以前より効率的に行っているはずですが、テスト対象が依然と比較してかなり増加しています。この結果、テストに費やす時間は短縮されていますが、テスト回数が増加しています。

この続きは以下をご覧ください
(リンク ») しょう
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]