編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

SASの最先端リアルタイム・アナリティクス技術を活用した、ふくおかフィナンシャルグループの非対面チャネルを活用した顧客コミュニケーションの実現についての最新顧客事例を発表

SAS Institute Japan株式会社

From: Digital PR Platform

2020-01-14 11:00


アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:堀田徹哉、以下SAS)は、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(本社:福岡県福岡市、取締役会長兼社長:柴戸隆成、以下FFG)がSASの最先端リアルタイム・アナリティクス技術を活用し、非対面チャネルを活用した顧客コミュニケーションにおいて、稼働当初の約2倍の成果を上げているという最新顧客事例を発表いたしました。

最新顧客事例は、こちらより詳細をご覧いただけます。
(リンク »)

FFGは、2008年よりSASを使ったイベント・ベースド・マーケティング(EBM)の仕組みの運用を開始しました。そしてさらなる顧客体験の向上を目指して2017年よりEBMを発展・加速させるためSAS® Intelligence Decisioning(*)を導入し、リアルタイムかつオムニチャネル・マーケティングを実現するオムニチャネルシステムを構築しました。

SASの最先端リアルタイム・アナリティクス技術を活用しオムニチャネル・マーケティング実現の初期稼働から約2年が経過し、SASを全面的に活用した同行の取り組みは、大きく3つのビジネス価値を生み出しています。

1)One to One マーケティングの実践
顧客の行動履歴や購買履歴に合わせて、顧客一人ひとりに異なる情報発信ができるようになった。これによりヒット率は向上し、システム稼働前の約2倍を維持している。


2)リアルタイムなコミュニケーション
FFGの施策に対し、顧客が何らかの反応を示した際、迅速かつ顧客に合わせた適切なコミュニケーションを行えるようになった。


3)チャネルを横断した顧客アプローチ
コンタクトセンターと密に連携し、対面だけでなく非対面でも顧客をサポートし、顧客に最適な金融サービスを提供できるようになった。

SASは、今後もFFGの最先端リアルタイム・アナリティクス技術を活用した非対面チャネルを活用した顧客コミュニケーションのさらなる加速に向け支援し続けてまいります。

ふくおかフィナンシャルグループ 顧客事例紹介ページ
(リンク »)

(*) 当初SAS Real-Time Decision Managerを導入しましたが、現在販売終了しています。後継製品は SAS Intelligent Decisioningです。

SASについて
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。
その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

SAS Institute Japan株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]