編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

QNB Groupが2019年12月31日までの年次決算を発表

QNB Group

From: 共同通信PRワイヤー

2020-01-15 13:21

QNB Groupが2019年12月31日までの年次決算を発表

AsiaNet 82520 (0078)


【ドーハ(カタール)2020年1月15日PR Newswire=共同通信JBN】中東・アフリカ地域最大の金融機関QNBは2019年12月31日までの年次決算を発表した。

2019年12月31日までの年間純利益は前年比4%増の144億カタール・リヤル(QAR)(39億米ドル)に達した。総資産は2018年12月比で10%増えて9450億QAR(2590億米ドル)となり、QNBグループの歴史で最高水準の決算となった。

取締役会は額面株式価格の60%(1株0.60QAR)の配当金分配を総会に勧告した。2019年決算と利益分配はカタール中央銀行(QCB)の承認が必要である。

10%増の6790億QAR(1860億米ドル)に達した融資と株価の堅実な拡大が総資産の増加に貢献した。これは主として、2018年12月31日から10%増えて6840億QAR(1880億米ドル)となった強力な顧客預金創出が財源となった。QNBは2019年12月31日現在、99.2%の健全な預貸率を達成している。

持続可能な収益創出源の獲得に加え、25.9%の強い経費効率(経費対収入)比で示される経営効率は、地域の大手金融機関で最高水準とみられる。

総融資額に対する不良債権の比率は2019年12月31日現在1.9%で、中東・アフリカ地域の金融機関で最低水準となり、グループの融資内容の質の高さと信用リスクの効果的管理を反映している。引当金計上に関するグループの保守的方針で、2019年12月31日現在の信用リスク負担率は100%である。自己資本は7%増の950億QAR(260億米ドル)。1株当たり利益は前年の1.44QAR(0.39米ドル)に対し、1.45QAR(0.40米ドル)となった。

2019年12月31日のグループの自己資本比率(CAR)は18.9%で、カタール中央銀行とバーゼル委員会の規制最低要件を上回った。

▽グループのデータ
QNBグループは2万9000人の従業員が1100カ所余と4300台余のATMで約2500万の顧客ベースにサービスを提供している。

Photo - (リンク »)

ソース:QNB Group

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]