編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第74回 VPCネットワークを支える仮想ネットワーク基盤:Andromeda(パート2)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2020-02-12 09:00

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第74回 VPCネットワークを支える仮想ネットワーク基盤:Andromeda(パート2)」を公開しました。
###

はじめに

 前回に引き続き、2018年に公開された論文「Andromeda: Performance, Isolation, and Velocity at Scale in Cloud Network Virtualization」を元にして、Google Cloud Platform(GCP)のVirtual Private Cloud(VPC)ネットワークを支える仮想ネットワーク基盤を紹介していきます。今回は、Andromedaを構成するコントロールプレーンとデータプレーンについて、具体的なアーキテクチャーを解説したいと思います。

Andromedaの全体像とコントロールプレーン

 まず、次の図1は、論文に記載されているAndromedaの全体像になります。上半分は、仮想ネットワークの構成を行う管理系の部分で、SDNの用語で言うとコントロールプレーンにあたります。そして、下半分は、ホスト上のVMが外部とのネットワーク通信を行う仕組みを表しており、SDNの用語で言うとデータプレーンにあたります。

 はじめに、コントロールプレーンの概要を説明します。Googleのデータセンターには、複数のサーバーを束ねたクラスターが配置されていますが、それぞれのクラスターに対してコントロールプレーンのセットがインストールされており、該当のクラスター内のホスト、および、VMの構成情報を保持します。コントロールプレーンの処理をクラスターごとに分散化して、スケーラビリティを確保する仕組みになります。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]