編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

産総研発ベンチャー企業Hmcomm社のAI音声システムをSalesforceに連携

サポートサービスにおける業務効率化と顧客満足度向上を実現

株式会社テラスカイ

2020-01-30 09:15

株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下:テラスカイ)は、国立研究開発法人産業技術総合研究所(本部:茨城県つくば市、理事長:中鉢 良治、以下 産総研)発ベンチャーHmcomm株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:三本 幸司、以下 Hmcomm)が提供するAI音声自動応答システム「Terry」の、Salesforceと連携するAppExchange化を支援します。2020年春のサービス提供開始を目指し、現在開発中です。

「Terry」は産総研の超高性能認識エンジンをベースにした音声認識技術と音声合成技術を活用し、高認識率、ハイレスポンスでお客様との電話で自然な会話を実現するAIオペレーターです。コールセンターにおける人件費高騰、人材不足、あふれ呼、呼損削減といった慢性的な課題を解決するソリューションとして、注目を集めています。

AppExchangeはSalesforceのマーケットプレイスで、AppExchange で提供されるサービスはSalesforceのプラットフォーム上でサービスとして利用できます。TerryをAppExchange化することによって、企業はSalesforceのCRMに格納された個人情報に応じた対応が可能になり、さらに世界No.1のサービスプラットフォームであるService Cloud上に問い合わせ内容や応対履歴を自動登録できるなど、業務効率化を図り顧客満足度の向上を期待できます。

AppExchange化にあたり、Hmcomm はAppExchange 開発実績やサービス間連携の実績を多数有するテラスカイに開発支援を依頼しました。テラスカイはTerryのAppExchange化が、提供する次世代コンタクトセンターソリューションに付加価値を与えるサービスとなることと期待しています。

■HmComm株式会社 Terry紹介ページ
(リンク »)

<AppExchangeコンサルティング>
Salesforce導入コンサルティングや、Salesforceプラットフォームでのアプリケーション開発、自社サービスのAppExchange公開といった、テラスカイのノウハウを活用し、お客様のアプリケーションをAppExchange上に公開するためのあらゆるサポートを提供します。   (リンク »)

<株式会社テラスカイについて>
テラスカイは、クラウド創成期からクラウドに取り組んできたリーディングカンパニーです。2006年の設立以来、クラウド時代の到来を一早く捉え、セールスフォース・ドットコムのコンサルティングパートナーとして、導入・普及に取り組んできました。導入実績は金融、保険業界をはじめ医療、サービスなど業界を問わず4,000件を超え、日本のコンサルティングパートナーではトップクラスの導入実績数を誇っています。また、多くの実績から得られた知見を基に、開発効率を飛躍的に改善するクラウドサービスの開発・提供を行っています。

所在地:東京都中央区日本橋2-11-2 太陽生命日本橋ビル16階
設立:2006年3月
資本金:11億4,211万円(2019年11月末時点)
代表者:代表取締役社長 佐藤 秀哉
U R L: (リンク »)
証券コード:3915(東証一部)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]