編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

サテライトオフィス、G Suite™️ 導入企業向けに、 データベースとスプレッドシートとのリアルタイム同期機能を提供開始

対象サービス名:「サテライトオフィス・掲示板/回覧板」、「サテライトオフィス・業務データベース」、「サテライトオフィス・安否確認」

株式会社サテライトオフィス

2020-03-25 13:18

株式会社サテライトオフィス(本社:東京都江東区、代表取締役社長:原口豊、 (リンク ») )は、G Suite 導入企業向けに、データベースと Google スプレッドシート™️ とのリアルタイム同期機能を提供開始したことを発表いたします。

  対象サービス名:サテライトオフィス・掲示板/回覧板
サテライトオフィス・業務データベース
        サテライトオフィス・安否確認


サテライトオフィスは、Google Cloud™️ プレミア パートナーであり、G Suite の販売代理店です。弊社は、G Suite 導入支援の中で、G Suite で利用可能なシングルサインオン機能、AD連携機能、ワークフロー機能、掲示板/回覧板機能、組織カレンダー機能、組織アドレス帳機能、CRM機能等を無償/有償提供しております。今回、提供を開始したデータベースとスプレッドシートとのリアルタイム同期機能は、「サテライトオフィス・掲示板/回覧板」、「サテライトオフィス・業務データベース」、「サテライトオフィス・安否確認」で利用可能です。掲示板/回覧板、または、業務データベース、安否確認機能に、データを投稿/変更すると、スプレッドシート側にも、データの追加/変更/削除がリアルタイムに行われる機能です。
・従来から、APIを使ってデータの取り出しは可能でしたが、スプレッドシートに同期させて加工する方が簡単で便利です。
・掲示板/回覧板を閲覧できない方にも、スプレッドシート経由でデータを公開することが可能です。
・スプレッドシート内でデータを分析したり、Google データポータルに連携し、グラフ分析する事も可能です。
データポータル: (リンク »)
・今後、Office365 にも対応し、ExcelやPowerBIと連携予定です。

●サテライトオフィス・掲示板/回覧板の特長は以下の通りです。
・G Suite とシームレスに動く、クラウド環境の掲示板/回覧板機能(クラウド上で稼働し、Google App Engine™️ 環境で稼働)
・Google サイト™️ 上で運用が可能(Google サイトのガジェットで提供)
・国産グループウェアと同等の機能を装備
・投稿毎にアクセス権限を設定可能
・複数カテゴリーの掲示板を一括管理(別々でも管理)
・入力フォームを自由にカスタマイズ可能
・一覧表示も自由にカスタマイズ
・公開日/終了日を指定可、公開時にメールでユーザー連絡し、未読/既読を管理
(誰が見たか/見てないかを一覧表示)
・未読ユーザーにメール配信が可能、文書に関してコメント可能
・Google サイト(お知らせデータ)、ノーツデータからの移行ツールを提供

提供方法:
1 SaaS型による無料提供(広告が表示あり、10ユーザーまで、機能制限あり、サポートなし)
2 SaaS型による有料提供(100円/月/人、消費税別)

●サテライトオフィス・業務データベースの特長は以下の通りです。
・G Suite と同じ環境で動くデータベース機能
・簡単データベース作成機能(複数データベース、入力フォーム、一覧ビュー、ワークフロー、添付ファイル保存、各種アクセス権限、操作ログ)
・データベースグループ機能(複数のデータベースをグループ化し、閲覧権限を付与可能)
・GUIによる入力フォーム作成機能
 (テキストフィールド、リッチテキストフィールド、日付フィールド、ラジオボタン、オプションボタン 等)
・リッチテキストフィールド
・入力チェック機能
・入力フィールドの自動参照機能(例:商品IDを入れると商品名や付属情報が自動セット)
・フォーム内のフィールド単位の権限(閲覧/編集/表示/自動計算/別データベースフィールド参照 等)
・フォーム内に関連データベース一覧表示機能(例:顧客フォーム内に、受注一覧を表示 等)
・入力フォームを一般ユーザーに公開し、データ投入可能(例:セミナー申込みHPを公開し社内データベース化)
・下書き保存機能
・コピー新規機能(データ複製作成機能)
・お気に入り、フォロー機能(フォローすると更新時に自動メール通知されます)
・一覧表示カスタマイズ機能(一覧表示の列やソート順、フィルター機能を自由にカスタマイズ可能)
・ビュー機能(データを色々な切口で一覧表示可能!複数ビューの作成、一覧のグループ化可能)
・個人別ビューの作成が可能(各自が自由にビューを作成可能)
・未読/既読管理機能(一覧表示で色などのフォント変更可能、フォーム明細に閲覧履歴)
・添付ファイル可能(複数ファイル可能)
・コメント機能(スレッド形式)
・掲示板形式のディスカッション機能/Q&A機能
・全文検索が可能/検索時のサジェスト機能
・データ変更時の前回データとの比較機能
・承認ワークフロー機能(申請/承認/回覧/否決/決裁/捺印/印刷フォーム/条件分岐....など、高度なワークフロー機能)
・データ新着/変更/削除/ワークフロー時の通知メール機能(通知メールのカスタマイズも可能)
・ダッシュボードページ機能(全員がみるトップページの作成が可能 例:グラフなどの表示、データベースのダイジェスト表示)
・印刷専用のレイアウトも作成可能
・入力候補マスター管理機能(選択項目をマスター管理+別データベースも候補化可能)※標準1万レコードまで!有償で追加可能!
・権限管理機能(G Suite アカウント/グループでの閲覧制限やインポート/エクスポート制限、ロールを定義して管理も可能)
・ユーザー作業ログ/管理者のオペレーションログ機能収集
・アプリケーションIDをわけて複数の業務データベースを設置可能(部署別、業務別、国別など複数の別システムを稼働)
・各種API公開(外部システムとのリアルタイム連携)
・バッチ処理での外部システム連携(CSV連携)
・スマートフォンで操作可能

提供方法:
1 SaaS型による無料提供 (広告が表示される場合があります。10ユーザーまで、一部機能制限あり)
2 SaaS型による有料提供 (300円/月/人、消費税別)

●サテライトオフィス・安否確認 の特長は以下の通りです。
・安否確認機能(G Suiteユーザー/非ユーザーが利用可能:アルバイト/家族の方も利用可能)
・メンバー登録(G Suite ユーザーは、Google サイト上から自分の情報を事前登録可能)
・管理者によるメンバー一括登録(CSVによる一括登録。G Suite ユーザー/非ユーザーも登録可能)
・メンバー登録項目の調整機能 (企業ごとに、項目のカスタマイズが可能)
・安否確認の登録フォームカスタマイズ機能(項目の追加)
・安否確認の登録フォームのテンプレートを提供
・災害時、安否状況の登録(GSuiteユーザーは、パソコン/スマートフォン/フィーチャーホンから安否状況を入力可能)
・グループ機能(店舗/支店別、拠点別などにグループ化し、グループを選択し安否確認調査が可能)
・写真管理(事前に個人の写真を登録し、災害時に活用可能)
・メール配信 (グループを選択し、安否確認メールを送信可能)、再配信機能(未回答ユーザー、全ユーザー)
・予行練習機能(災害時の予行練習の為、予行練習用のメール配信、安否登録可)
・新型コロナウイルス対策(体温、咳/倦怠感、同居家族状況)などの現状把握が可能
・インフルエンザ対策(災害時以外にもインフルエンザ対策用のメール配信/現状把握可)
・安否状況の一覧表示(グループ別にユーザーの安否一覧が可能)
・安否状況の一覧表示、表示項目のカスタマイズ機能
・安否登録時のGPS情報の取得機能(Google マップで、居場所の確認が可能/全員の場所を一括表示)
・安否状況の履歴管理(複数回の安否確認を実施する場合、ユーザー別に履歴を管理が可能)
・安否状況のCSV出力が可能、未回答ユーザーのCSVダウンロード
・安否登録時の家族/同僚/上司への連絡
・現地の写真アップロード機能(複数枚アップロード可能、管理者がプレビューで参照)
・管理者によるメンバー情報の追加、変更、削除
・現場担当への管理権限の委任(各グループ単位に管理者をたてて権限を委任可能:メンバー追加、安否情報確認)
・Google サイト™️ のガジェットとして機能配置が可能
・アプリケーション仮想化機能(国ごと、関連会社ごと、部門ごとなど、独立したシステムに提供)
・多言語対応(日本語、英語ほか)
・G Suite のマルチドメイン対応
・フィーチャーホン/スマートフォン/タブレット対応
・管理者画面のスマートフォン専用ビュー
・SMSでの安否確認連絡機能
・気象庁地震速報による安否確認メール自動送信機能(配信間隔調整機能:連続地震の場合に複数送信を防止)
・データのGoogle スプレッドシート™️ リアルタイム同期機能(利用例:外部公開、社内簡易公開、データ分析)
・チャットボット連携:各種通知をチャットで連絡

提供方法:
1 SaaS型による無料提供(広告が表示あり、10ユーザーまで、機能制限あり、サポートなし)
2  SaaS型による有料提供(100円/月/人、消費税別)

<サテライトオフィス・掲示板/回覧板 に関するURL>
  (リンク »)

<サテライトオフィス・業務データベース に関するURL>
  (リンク »)

<サテライトオフィス・安否確認 に関するURL>
  (リンク »)

<各種資料請求&無償トライアルについて>
(リンク »)

< G Suite 関連無料セミナーについて>
(リンク »)

< 株式会社サテライトオフィスまたはサテライトオフィスグループ に関するURL>
株式会社サテライトオフィス (リンク »)
株式会社ネクストセット (リンク »)


Google Cloud パートナー に関する詳細は、 (リンク ») をご確認下さい。

※ Google、Google Cloud、G Suite、Google App Engine、Google サイト は、Google LLC の商標です。その他、掲載された社名および製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。


<株式会社サテライトオフィス 会社概要>
◆社名 : 株式会社サテライトオフィス
◆URL : (リンク »)
◆資本金:7,000万円
◆代表者名: 代表取締役社長 原口 豊
◆社員数 : 140名(海外子会社社員も含む)
◆所在地 :〒135-0016 東京都江東区東陽4-10-4 東陽町SHビル5F
◆業務内容
株式会社サテライトオフィスは、クラウド環境またはサテライト環境でのビジネス支援に特化したインターネットシステムソリューションベンダーです。あらゆるビジネスモデルに最適なソリューションパッケージにより、ユーザーの立場に立った戦略の企画・提案を行っています。2008年に Google Cloud パートナーとして、Google に認定された技術をもって、よりユーザー満足度を追求した製品開発・サービス提供を開始。また、「サテライトオフィス・プロジェクト」というプロジェクト体制のもと、G Suite やOffice365、LINE WORKS 、Workplace by Facebook 、Dropbox Business を使った社内情報システムの導入支援サービス、クラウドコンピューティングのビジネスの可能性を追求しています。
----------------------------------------------------------------------
<サービスまたはリリースに関するお問い合わせ先>
■株式会社サテライトオフィス
TEL : 050-5835-0396 / FAX : 050-6861-2893
  E-Mail:contact-info@sateraito.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

サテライトオフィス・業務データベース

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社サテライトオフィスの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]