電話会議とPC画面共有できるサービスを無料で公開:ベイテックシステムズ

田中好伸(編集部)

2009-03-09 11:00

 ECサイトやCRMサイトの構築、ポイントシステム導入などのソフトウェアフレームワークを開発・販売するベイテックシステムズは3月6日、電話会議とPCの画面共有ができる会議室サービス「サテライト会議室」を無料で公開することを発表した。

 同社が進める「サテライトオフィス・プロジェクト」の中で始める。Googleカレンダーで共有されるサテライト会議室のスケジュールの状況を見て、利用をベイテックシステムズに申し込むことで、利用することができる。無料で公開するサテライト会議室は当面1室としているが、今後の展開次第では2〜3室も公開することもあり得るとしている。

 サテライト会議室は、異なる場所にいる人間が指定された電話番号にかけると全員が電話会議に参加できると同時に、参加メンバーのPC画面が全員に公開することができる。参加できる人数は5〜10人を想定している。

 遠隔地との会議、複数拠点会などでの活用、遠隔地にいるユーザーとの打ち合わせ、小規模なオンラインセミナーの実施などを想定している。同サービスを利用することで、遠隔地のビジネスでのコミュニケーションの円滑化、会議のための出張にかかる交通費や移動時間を削減できるなどのメリットがあるとしている。

 サテライトオフィス・プロジェクトは、リモート環境でビジネス支援を目指すというもの。同プロジェクトは、勤務時間の6%を自分の好きなプロジェクトに費やすという、同社の“6%ルール”から開発された。また、今回のサテライト会議室は、同社がGoogle Apps/Google App Engineの導入支援で得たノウハウをもとに開発された。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]