米アバイア、ビジネスプロセスとコミュニケーションを連携させるシステム発表

CNET Japan Staff

2007-03-07 13:14

 米Avayaは米国時間3月5日、新ソリューション「Communications Enabled Business Process(CEBP)」を発表した。

 CEBPは同社のコミュニケーション・アプリケーションをビジネスプロセスに組み込むことで、ビジネスの遂行に必要とされる関係者とのコミュニケーションの自動化と管理を支援するというもの。企業の業務を効率化し、従業員の生産性と顧客満足度を向上するという。

 今回のソリューションは、新ソフトウェア「Avaya Communications Process Manager」と、インテグレーションや遠隔監視サービスといったCEBPソリューション向けの新コンサルティングを提供する「Avaya Global Services」から構成される。

 中枢となるCommunications Process Managerは、ビジネスプロセスの中で発生する情報の分析やイベントの予測・検出、適切な関係者の自動的な召集、関係者間でのマルチチャネルのコミュニケーションの調整などのコミュニケーションを管理し、問題解決を支援する。オプションのEvent Processorを利用すると、情報を継続的にモニタリングすることで、重要なイベントを検出し、それを受けてアラートを発することができる。

 CEBPソリューションはSCM(サプライチェーン管理)やトランザクション処理、品質管理など、あらゆるビジネスプロセスを改善できるという。たとえばメーカーであれば、同ソリューションを品質上の問題を顧客に影響を与える前の段階で早期に発見するために利用できるとしている。

 CEBPソリューションが問題を発見すると、自動的に品質保証担当やエンジニア、管理者などの関係者に携帯電話、デスクの電話、メール、インスタントメッセージなど、あらゆるコミュニケーション手段で連絡する。これにより関係者は電話会議に招集され、業務を完結させることを求められる。また品質が改善されたことを立証するため、各関係者の対応状況も追跡することができるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]