編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

「ビジネスリーダーがRPAを気にしている理由」

日商エレクトロニクス商社ERP/IT企業ERP by GRANDIT

2020-03-26 08:00

日商エレクトロニクスは野田貴子氏のコラム「ビジネスリーダーがRPAを気にしている理由」 を公開しました。
--
ここ数ヶ月、ロボットによる業務自動化(RPA)がビジネスプロセスの専門家の間で注目されています。RPAとは運用を改善し「ビジネスの未来である自動化」にさらに近づくためのツールである、と多くの企業が考え始めていますが、RPAとは何であり、厳密にはどのような利点があるのでしょうか?

想像してみてください。面倒な業務調査(オーバーヘッドカメラ、クリップボード、ストップウォッチなどをご存じでしょう)、従業員のミス、過剰な従業員、あるいは組織のスローダウンとコストアップを繰り返す多くの作業が混在しているところを。これらの共通点は何でしょうか。まず第一に、これらは組織が競争する上での大きな制約です。良い面を見れば、これは実は良い知らせです。なぜなら、ロボットがこれらすべての問題を解決できるからです。ロボコップやiRobotのルンバではありませんよ。RPAのことです。

ロボットによる業務自動化(RPA)は、トランザクションの処理、データの操作、応答のトリガー、そしてデジタルシステムとの通信を行う既存のアプリケーションを従業員が記録して解釈できるようにする技術の応用です。この自律型ソフトウェアは、人間の従業員と同じようにルールベースの作業に従うようにプログラムされています。
(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]