編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

セイコーホールディングスグループのセイコーソリューションズ ソフトウエアやハードウエアの受託開発・開発支援で実績豊富な株式会社コスモの全株式を取得、子会社化

セイコーソリューションズ株式会社

From: DreamNews

2020-04-01 11:00

セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)は、ソフトウエアやハードウエアの受託開発や開発支援で業界・業種を問わず幅広いニーズに対応可能な技術力を有する株式会社コスモ(以下 コスモ)の全株式を取得し、本日2020年4月1日に子会社化いたしました。
コスモは、今後セイコーソリューションズのグループ会社として事業を継続いたします。セイコーソリューションズとコスモは両社の持つ強みを生かし、お客さまの視点に立った製品・サービスを提供していくことでお客さまの期待にお応えすべく邁進してまいります。

【背景と目的】
セイコーソリューションズでは、セイコーホールディングスグループの主柱事業のひとつとして期待されるシステムソリューションの事業拡大、加速を進めております。IT業界の現状は、飛躍的に増大するデータを活用し、さらなる生産性の向上やお客さま個々に最適化されたサービスを提供するなど、事業活動全体にわたり、データに基づいた事業運営が企業成長の原動力となっております。さらにAIの普及や5Gの登場により本格的なIoT時代を迎え、センサーデバイスから無線通信、データ利活用までのエンドツーエンドソリューションを提供するIoTサービス市場は高い成長が見込まれます。
コスモは、1977年の創業以来、ソフトウエア技術、ハードウエア技術、ファームウエア技術を基に幅広い業種、業務のお客さまに向けた事業を展開し、多様化するお客さまのニーズをワンストップで提供できる強みを持った独立系のIT企業です。本取引の実施により、今後さらなる成長が見込まれるIoTサービス事業領域で、安定収益・持続的成長のための事業基盤が構築できると考えます。

【コスモの特長】
センサーなどのモノ作りをはじめとするハードウエア開発から、アプリケーション構築を主としたソフトウエア開発まで、IoTサービスにおける多彩な実績を保有しております。特に、センサー利用技術や省電力・広域通信を可能とする無線通信ユニット、IoTセンシングデバイスなどにより、モノ売りだけに留まらず、それらの総合力を活用したIoTプラットフォームへの発展を目指しています。

セイコーソリューションズが取り組む新しいIoTサービス事業領域では、お客さまの重要課題を解決するためデザインシンキングを活用し、既存要素に捕らわれずソリューショニング・ハイバリュー化して届けられるよう、コスモの幅広い技術対応力を活かし、IoTサービス市場の事業基盤構築を加速してまいります。

【株式会社 コスモ】
本社所在地:東京都品川区東五反田2-1-12
代表者:代表取締役社長 関根 淳
設立:1977年7月
資本金:8,000万円
事業内容:システムソリューション事業、ソフトウエア受託開発事業、組込ソフトウエア受託開発事業、ハードウエア受託開発事業、電子機器・周辺機器の開発・製造・販売事業
関係会社:株式会社 コスモGCC
URL: (リンク »)

【セイコーソリューションズ株式会社】
本社所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬1-8
代表者:代表取締役社長 関根 淳
設立:2012年12月13日
資本金:5億円
事業内容:情報ネットワークシステムに関する各種製品・サービスを提供するトータルソリューション事業
URL: (リンク »)




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

セイコーソリューションズ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]