編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

EIZO、急速に変化しているビジネス要求に迅速に対応するため、Arasプラットフォームを採択

「Visual Technology Company」として、デジタルモノづくりによる付加価値の創出、生産性と品質の向上を目指す

アラスジャパン合同会社

2020-05-21 11:00

アラスジャパン合同会社は本日 EIZO 株式会社が、デジタルトランスフォーメーションの一環として事業変化やマスカスタマイゼーションへの対応力を強化するため、Arasプラットフォームを選択したことを発表しました。
TOKYO, JAPAN – May 21, 2020 –アラスジャパン合同会社は本日 EIZO 株式会社が、デジタルトランスフォーメーションの一環として事業変化やマスカスタマイゼーションへの対応力を強化するため、Arasプラットフォームを選択したことを発表しました。

EIZO は、「Visual Technology Company」として、急速に変化しているビジネス環境で市場の要求に応え、優位性を維持するためには、現状の業務や情報基盤における柔軟性、拡張性が課題であると考えました。そこで、社内の生産性向上とビジネス変化への対応力を強化するため、デジタルトランスフォーメーションの取組みを立ち上げ、デジタルものづくり構想を進める中でAras プラットフォームの選定に至りました。Aras プラットフォームのオープンで拡張性の高い機能を活用し続けることが、お客様へのマスカスタマイゼーションへの対応力を向上し、事業の進化につながることを期待しています。

EIZO は Aras プラットフォームを使用して、プロジェクト管理、文書管理、設計 BOM(EBOM)および製造 BOM(MBOM)管理、ワークフロー管理を実現予定です。 また、 ERP システムへの BOM 転送、および MES との工程表(BOP)連携も実現予定です。さらに、医療機器製造に不可欠な法規制対応や技術文書、ワークフロー管理等の分野では、株式会社日立システムズが幅広く技術支援を提供しています。

「Aras の柔軟でオープンなプラットフォームにより、お客様は新しいプロセスに容易に適応して迅速にビジネスニーズに対応できるようになり、既存のシステムにさらに付加価値をもたらします」とアラスジャパン合同会社 社長の久次昌彦は述べています。「Arasは、デジタルものづくりの現在および将来のニーズに対応できる唯一の PLM プラットフォームによって、EIZO 株式会社のデジタルトランスフォーメーションの取組みをお手伝いできることを誇りに思っています」


EIZO株式会社 について

EIZO株式会社は、1968年の創業以来一貫して「映像」にこだわり、「Visual Technology Company」として、高品質・高機能の映像機器や映像ソリューションを、ビジネス、ヘルスケア、クリエイティブワーク、インダストリー、アミューズメントなどの幅広い市場に提供しています。本社のある日本のほか、中国、ドイツ、米国に開発拠点および製造施設を持ち、欧州を含めた17社のグループ会社を通じて90か国以上に製品・サービスを届けています。 (リンク »)


Arasについて

Aras は、産業用デジタルアプリケーションのためのレジリエントな(しなやかな)プラットフォームを提供しています。当社のオープンかつローコードなテクノロジーにより、ますます複雑になっている製品の設計開発、製造、保守等の部門を対象に、柔軟でアップグレード性を備えたソリューションを迅速に提供しています。Arasのプラットフォームおよび製品ライフサイクル管理(PLM)アプリケーションは、製品ライフサイクル全体およびサプライチェーンの、あらゆる部門・部署のユーザーを重要な製品データやプロセスと繋ぎます。米国マサチューセッツ州アンドーバーの本社をはじめ、世界の主要なオフィスから、350を超えるグローバル顧客と25万を超えるユーザーをサポートしています。Aras Innovator プラットフォームは無料でダウンロード可能で、すべてのアプリケーションはアップグレードを含めて単一のサブスクリプション価格でご利用いただけます。川崎重工業、富士フイルム、日立製作所、マイクロソフト、村田製作所、Airbus、Audi、GE、GM などの顧客に採用されています。

本件に関するお問い合わせ先/報道関係者お問い合わせ先
アラスジャパン合同会社 マーケティング 宮岡、田村
Tel : 03-5797-7920
E-mail : Marketing-japan@aras.com
URL : www.aras.com/ja-jp/

このプレスリリースの付帯情報

1199-selection-eizo

用語解説

Aras および Aras Innovator は、米国および/またはその他の国々における Aras Corporation およびその子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべての社名、ブランド名、製品名、または商標は、各所有者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アラスジャパン合同会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]