編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

日産が車載ソフトウェア開発で取り組む共通化と可視化の舞台裏

末岡洋子

2021-06-03 06:00

 自動車業界は激動期にある。その中で日産自動車は、2020年に打ち出した事業構造改革計画「NISSAN NEXT」の下、自動運転や電動化(以下、EV)など先進技術を積極的に投入する戦略を敷いている。それを支えるのが車載ソフトウェアであり、そのために利用するシステムでのユーザー要件は複雑だ。そこで日産は、ArasのPLM(製品ライフサイクル管理)プラットフォーム「Aras Innovator」を導入し、PLMシステムを構築した。

 Arasが4月20~22日にオンラインで開催した年次イベント「ACE 2021」では、日産でグローバルISデリバリー本部 エンジニアリング&デザインシステム部 課長代理職を務める根本博明氏、パワートレイン・EV技術開発本部 パワートレイン・EV制御技術開発部 EMS制御技術開発グループ ソフトウェアエキスパートの小林秀明氏が、Arasを採用した背景、活用、将来の展望を語った。

1台の自動車のソースコードはWindowsより多い

 日産は、2023年を目標とする「NISSAN NEXT」において、先進運転支援となる同社の自動運転技術「プロパイロット」を搭載する車両を150万台投入する。電動化では2023年度までに年間100万台以上の電動化技術搭載車の販売を目指している。

 先進技術の商品性を支えているのが車載ソフトウェアだ。根本氏は、「1台の自動車のソースコードは1億行を超えている。これはWindows、Androidあるいは戦闘機のF35よりも多い」と語る。このように重要性の高いソフトウェアの管理でAras Innovatorを採用した。

 根本氏のグローバルIS部門は、日産の製造、生産、販売に関わる全ての事業部門が利用するITに責任を持つ。そこで2012年に車載ソフトウェア開発のためのPLMシステムを開発するワーキンググループが発足した。根本氏は当時を振り返り、「ソフトウェア開発部門の要件が難しい上、業界の変化とともに業務要件が次々に変わる」と難しさを表現する。ユーザーが多く要件定義での合意が難しい。連携ツールが多いという悩みもあったと根本氏は明かす。

 さまざまなPLM製品を比較検討し、Arasを採用することにした。決め手は、「作りやすい」「握りやすい」「つなぎやすい」という3つの特徴だという。Arasは、プラットフォームとモデリングエンジンを土台に、要件管理などの各種アプリケーションがあり、コネクターを使ってCADなどに接続したり外部システムとデータをやりとりしたりができる。

 「作りやすい」という特徴では、モデリングエンジンにより設計データを視覚的に分かりやすいモデルデザインにして開発できる点を挙げる。また、「握りやすい」とは、製品仕様などの合意形成が容易にできることという。これもモデルを使うことで、それぞれのユーザーが考えているイメージや仕様について認識が視覚的にも共通化されるため、合意形成までの具体的なコミュニケーションがとりやすくなるからだ。「IT部門が勘違いをしていた場合もモデルを使ってユーザーとやりとりすることで勘違いを早期に発見でき、最終的な品質のレベルを上げることができる」(根本氏)

 同社はこのようにして、2014年にArasを採用したプロセスとデータを統合管理する日産PLMを完成させた。「Javaのフルスクラッチで作ったレガシーシステム、某ベンダーのソースコード管理ツール、ユーザー側で作り込んだマトリックス系のExcel台帳」などがあったと根本氏。役割ごとにシステムや管理台帳が存在し、設計情報が共有されていなかったが、複数の管理システムにまたがる多重管理の状況を解消し、情報の一元管理を実現したという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]