編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

ゼットスケーラー、Edgewise Networksを買収

パブリッククラウドとデータセンター向けのアプリ間通信保護により、ゼロトラスト市場におけるーダーシップを強化

ゼットスケーラー株式会社

2020-06-04 11:00

カリフォルニア州サンノゼ、2020年5月28日

クラウドセキュリティ業界を牽引するZscaler(本社:米国カリフォルニア州、以下 ゼットスケーラー)は本日、パブリッククラウドとデータセンター向けのアプリケーション間通信セキュリティの先駆者であるEdgewise Networksを買収したことを発表しました。Edgewise Networksは、アプリケーションソフトウェア、サービス、プロセスのIDを検証してゼロトラスト環境を実現し、East-West通信を大幅に改善した企業です。これにより攻撃対象領域が格段に減少し、不正アクセスやデータ漏洩のリスクも軽減されました。

現代のセキュリティはユーザー、アプリケーション、データの保護が求められており、今日のクラウドとモビリティの世界では、境界ごとに構築したネットワークセキュリティが以前より役割を果たせなくなっています。ゼットスケーラーはビジネスポリシーに基づきながら、ゼロトラストネットワークアクセスと呼ぶ企業ネットワークに接続することなく、ユーザーとアプリケーション間の接続を確保します。Edgewise Networksはゼットスケーラーのクラウドネイティブプラットフォームを拡大し、アプリケーション間の通信を保護することで、パブリッククラウドとデータセンターにより強力なセキュリティを提供します。

企業は、East-Westトラフィックのネットワーク内を水平方向に自由に移動する攻撃によって、大きな脅威に直面しています。不正アクセスを受けた一台のサーバーによって、攻撃者はネットワーク上の複数のサーバーやアプリケーションを攻撃することが可能になります。Edgewise Networksは個々のアプリケーションとそれらの正しい通信パターンを発見し、AIと機械学習アルゴリズムを利用して、許可された通信を自動的に作成、強化することでアプリケーションのセグメンテーションを行います。こうしたアプローチは、レガシーネットワークのセグメンテーションと比較して、セキュリティ面においてはるかに優れています。

ゼットスケーラーの会長兼CEOのジェイ・チャウドリー(Jay Chaudhry)は次のように述べています。「ゼットスケーラーは、クラウドファーストの世界でセキュリティに革新を起こすために創立されました。ゼットスケーラーは、お客様のためにレガシーネットワークセキュリティに破壊的革新を起こして、ビジネスリスクを軽減し、ユーザー経験を改善、セキュリティポイント製品を統合しています。Edgewise Networksは、仮想ファイアウォールなどによる従来のネットワークセグメンテーションを行わずともアプリケーションのセグメンテーションを可能にする、極めて革新的なテクノロジーです。ゼットスケーラーファミリーにEdgewise Networksを迎え入れることを大変喜ばしく思っています。」

Edgewise Networksのピーター・スミス(Peter Smith)は次のように述べています。「Edgewise Networksは、複雑なマルチクラウド環境において利用できるゼロトラストセキュリティを開発したことを誇りに感じています。Edgewise Networksのコアイノベーションは、セキュリティ強化とオペレーションの簡素化を同時に実現するソフトウェアID検証の利用です。Edgewise NetworksはIDベースのポリシーを自動化して、パブリッククラウド、マルチクラウド、データセンター、さらにはコンテナ環境に関わらず、攻撃対象領域の削減を容易にしました。ゼットスケーラーファミリーに加わることで、世界中のゼットスケーラーのお客様に私たちのイノベーションを提供できることをとても楽しみにしています。」

なお、買収取引の諸条件は公開していません。

将来予想に関する記述

このプレスリリースには、経営陣の信念と仮定、および現在経営陣が入手できる情報に基づいた将来予測に関する記述が含まれています。このような将来予想に関する記述には、Edgewise Networksの買収によって予想されるゼットスケーラーの製品オファリングやお客様にとってのメリットが該当します。これらの将来予想に関する記述は、1995年私募証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項に支配されます。ゼットスケーラーがそのクラウドプラットフォームにEdgewise Networksのテクノロジーを適切に統合する能力や、買収後にEdgewise Networksの主要な従業員を維持する能力に関わる要素を含め、非常にさまざまな要素が原因で、実際には、本プレスリリースに記載される将来予想に関する記述とは著しく異なる結果に至る可能性があります。その他のリスクや不安定要素は、2020年3月4日に証券取引委員会(SEC)に登録された最新の四半期報告書(Form 10-Q)に定められています。本四半期報告書は、ゼットスケーラーのウェブサイト(ir.zscaler.com)またはSECのウェブサイト(www.sec.gov)から取得できます。このリリースの見通し情報は、現時点でZscalerが利用できる限られた情報に基づいており、変更される可能性があります。将来、新しい情報が利用可能になった場合でも、Zscalerは必ずしも情報を更新しません。

用語解説

ゼットスケーラーについて
ゼットスケーラー(NASDAQ:ZS)は、世界中の有力企業のネットワークおよびアプリケーションのモバイルおよびクラウドファーストな世界へ向けて、セキュアなトランスフォーメーション(転換)を実現します。ゼットスケーラーの代表的サービスである Zscaler Internet AccessTMおよびZscaler Private AccessTMは、デバイス、場所、ネットワークなどに影響されることなく、ユーザーとアプリケーション間の高速でセキュアな接続を構築します。これらのサービスは100%クラウドで提供されるため、従来のアプリケーションとは比較にならない容易さ、高度なセキュリティ、優れた ユーザーエクスペリエンスを提供します。185か国以上で使用されているマルチクラウド分散型セキュリティプラットフォームを運営し、サイバー攻撃とデータ消失から数千社の顧客企業を保護しています。 詳細については、zscaler.comもしくは、Twitter(@zscaler) をフォローしてください。

Zscaler™、Zscaler Internet Access™、Zscaler Private Access™、ZIA™、およびZPA™は、Zscaler, Inc.の米国またはその他の国、あるいはその両方における(i)登録商標またはサービスマーク、または(ii)商標またはサービスマークです。その他の商標は、所有者である各社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ゼットスケーラー株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]